Adobe JavaScriptリファレンス

treeview(ツリービュー)

ツリービューは、階層表示できるリストです。各階層の項目は子要素を持つことができ、どれも個別に選択することが出来ます。ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して使用します。
2020.09.23
Adobe JavaScriptリファレンス

slider(スライダー)

スライダーは、位置を動かすことのできるインジケーターがついた水平方向のバーです。ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して使用します。
Adobe JavaScriptリファレンス

progressbar(プログレスバー)

プログレスバーは、操作や処理の進捗状況を示す水平横長の長方形です。ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して使用します。
Adobe JavaScriptリファレンス

tab(タブ)

タブは、tabbedpanel(タブパネル)の中に入れて使用します。タブには各種コントロールを入れることができ、タブを使うとタブ内の内容をタブごとに切り替えて表示することができます。
2020.10.02
Adobe JavaScriptリファレンス

tabbedpanel(タブパネル)

タブパネルでは、タブボタンをクリックすることで、同じエリア内の内容をタブごとに切り替え表示することができます。
2020.10.02
Adobe JavaScriptリファレンス

panel(パネル)

panel(パネル)は、ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置します。パネル内にラジオボタンやチェックボックスを作成すると、それらはひとつのグループになるので、複数のラジオボタンのグループを作りたいときは特に便利です。
2020.10.02
Adobe JavaScriptリファレンス

listbox(リストボックス)

listbox(リストボックス)は、ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して、処理を実行する際に一覧表示されたリストの中から項目を選択するときに使います。
2020.09.23
Adobe JavaScriptリファレンス

dropdownlist(ドロップダウンリスト)

dropdownlist(ドロップダウンリスト)は、ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して、処理を実行する際にクリックして表示されたリストの中からオプションを選択するときに使います。
2020.09.23
XML組版

XMLタグをスタイルにマッピングする

XMLデータをInDesignに流し込む際、マッピングという機能を使うと、XMLタグと段落スタイル・文字スタイルが紐づけられ、簡単にレイアウトを整えることができます。マッピングは、XMLデータを読み込む前でも、読み込んだ後でも行えます。
2020.10.01
GUI

tabbedpanel と tab : タブパネル と タブ

Adobe JavaScriptのGUIにタブパネルを作成します。使用するGUIオブジェクトはtabbedpanelとtabです。タブパネルを使うと、実行画面に複数のページが重なっているように表示できます。
2020.10.02
GUI

panel : パネル

Adobe JavaScriptのGUIにパネルを作成します。使用するGUIオブジェクトはpanelです。パネルを使うと、複数のオブジェクトをグループ化して罫線で囲んでまとめることができます。
2020.10.02
GUI

listbox : リストボックス

Adobe JavaScriptのGUIにリストボックスを作成します。使用するGUIオブジェクトはlistboxです。リストボックスを使うと、ユーザーが一覧表示されたテキストから1つの値を選択することができます。
2020.10.02
AdobeCCお買い得情報

【たのまな】のAdobe CC付き講座を選ぶべき人は? 特徴を掴んで安く買おう

AdobeCCコンプリートは、スクールで申し込むのが最も安く買う方法です。でも講座内容をちゃんと調べて選んでますか? 価格が同じでもスクールごとに講座の特徴が違います。たのまなで買うべき人はどんな人? せっかく買うなら納得の講座を賢く買おう!
2021.06.18
検索置換

文字置換でテキスト発生と条件テキストの適用を同時に実行する

条件テキストを文字に適用する際、大量の文字の中からテキストを探して条件を適用したいときには、検索置換の「置換形式」を使って条件を適用するのがオススメです。条件テキストが適用されたテキストを検索する際にも、「検索形式」を活用するのが便利です。
2021.01.03
条件テキスト

条件テキストで、文字の表示・非表示を切り替える

条件テキストは、文字列に条件を適用することで、文字の表示/非表示を切り替えて、同一の紙面上で異なる内容表示を実現する機能です。例えば、日本語表記と英語表記を切り替えたり、HTML表記と印刷用の本来の文字表示との切り替えなどにも使えます。
2021.03.21
XML組版

XML要素の要素名・内容・属性・属性値にアクセスする

InDesignでXMLを利用する際に、スクリプトを使ってXML要素にアクセスし、要素の名前・要素の内容・属性の作成・属性値の取得や変更などをする方法を紹介します。
XML組版

ページレイアウトされているXMLタグを見つける

スクリプトから「ページ上のオブジェクトがXML要素かどうかを知りたい」というときは、「そのオブジェクトにXMLタグがついているかどうか」あるいは「その文字列がXMLタグかどうか」を判断します。
XML組版

ドキュメントにXMLタグを作成する

JavaScriptで、InDesignドキュメントにXMLタグを作成します。タグ作成の際に、タグ名と一緒にタグのカラーも直接指定して作成できます。大量のXMLタグを作成しなければならないときは、タグパネルから手作業するより効率的です。
GUI

dropdownlist : ドロップダウンリスト

Adobe JavaScriptのGUIにドロップダウンリストを作成します。使用するGUIオブジェクトはdropdownlistです。ドロップダウンリストを使うと、ユーザーが一覧から1つの値を選択することができます。
2020.10.02
Adobe JavaScriptリファレンス

group(グループ)

group(グループ)は、他のコントロールを子として入れることのできるコンテナです。groupの表示・非表示を切り替えると、その中のすべての子も同様に表示・非表示が切り替わります。
2020.10.02
XML組版

XML読み込みオプションを設定する

InDesignでXMLデータをドキュメントに読み込む際には、XML読み込みオプションの設定が不可欠です。ここではスクリプトのxmlImportPreferencesを使って各種オプションを設定する方法を紹介します。
2020.10.01
画像

XMLで大量の画像を一瞬で配置する

XMLデータから画像配置をするときは、配置する画像ファイルのパスをXMLデータの画像のタグにhref属性として書いて読み込みます。XML組版をする場合でなくとも、大量の画像をドキュメントに貼りたいときにはXMLを利用するのも一つの方法です。
2020.09.10
スタイル

文字入力後のテキスト全てに1Clickで段落スタイルを適用する

段落スタイルに[次のスタイル]を設定しておくと、文字入力をしながら段落スタイルを自動で適用していくことができます。また、入力中のみならず、入力が終わったテキストでも効率よく段落スタイルを適用することができます。
2020.09.10
スタイル

文字入力していくだけで段落スタイルが適用できる

段落スタイルに[次のスタイル]を設定すると、自動的に段落スタイルを適用できます。文字入力と同時に、段落スタイルが自動で当てられるので、わざわざスタイルをあてる必要がありません。[次のスタイル]を利用するときに勘違いしやすい点も紹介します。
2020.08.31
Adobe JavaScriptリファレンス

statictext(固定テキスト)

statictext(固定テキスト)は、ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトにテキストを表示します。スクリプト実行時に変更することはできません。
2020.09.15
Adobe JavaScriptリファレンス

radiobutton(ラジオボタン)

radiobutton(ラジオボタン)は、ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して、処理を実行する際に2つ以上の選択肢から1つを選択状態にするオプション選択のボタンです。
2020.09.15
Adobe JavaScriptリファレンス

edittext(テキストボックス)

edittext(入力可能なテキストボックス)は、ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して、ユーザーが入力できるテキストボックスとして使います。
2020.09.23
Adobe JavaScriptリファレンス

checkbox(チェックボックス)

checkbox(チェックボックス)は、ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して、処理を実行する際にオプションのon/offを切り替えるときなどに使います。
2020.10.02
Adobe JavaScriptリファレンス

button(ボタン)

button(押しボタン)は、ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して、処理を実行するときなどに使います。
2020.10.02
Adobe JavaScriptリファレンス

ウインドウオブジェクトにコントロールを作成する ~各種オブジェクト.add()

add()では、ダイアログウインドウやコンテナにボタンやチェックボックスをなどの各種オブジェクトを追加します。
2020.10.01
Adobe JavaScriptリファレンス

ダイアログを検索する~Window.find()

Windowクラスのfind()を使って、既存のウインドウを検索します。
2020.09.09
Adobe JavaScriptリファレンス

ユーザーの入力内容を受け取るダイアログ~Window.prompt()

Windowクラスのprompt()を使って、ユーザーがテキスト入力した値を受け取るダイアログを表示します。
2020.09.09
タイトルとURLをコピーしました