AndroidStudioキーボードショートカット厳選10個(基礎編)

AndroidStudio

AndroidStudioには、便利なキーボートショートカットがたくさん用意されています。

その中でも、まずは初心者が知っておきたいショートカットを10個まとめました。

ここでは、一部Flutter(Dart)を例にして紹介します。

行を追加する

  • Windows:Shift + Enter
  • Mac:Shift + Enter

Shiftを押しながらEnterすると、カーソルのある行の行末に改行が挿入されます。

カーソルが行内のどこにあっても実行できるので、いちいち行末までカーソル移動をする必要がありません。

AndroidStudioのショートカット:行挿入
AndroidStudioのショートカット:行挿入

ちなみに、カーソル位置を行末または行頭に移動するには、EndキーまたはHomeキーを押します。

  • カーソルを行末に移動する:End
  • カーソルを先頭に移動する:Home

行・文字を複製する

  • Windows:Ctrl + d
  • Mac:Command + d

複製したい行にカーソルを置いて実行すると、同じ行がすぐ下に複製できます。

AndroidStudioのショートカット:行の複製
AndroidStudioのショートカット:行の複製

複数の行全体を選択して実行すると、選択した行がすべて複製されます。

行内の一部分を選択して実行すると、選択文字の直後にその文字が複製されます。

行のコメント化 / コメント解除

  • Windows:Ctrl + /
  • Mac:Command + /

コメント化したい行にカーソルを置いて実行すると、先頭に//が入力されてコメントになります。

AndroidStudioのショートカット:行のコメント化
AndroidStudioのショートカット:行のコメント化

複数行にまたがって文字を選択して実行すると、複数行を一度にコメント化・コメント解除するができます。

AndroidStudioのショートカット:複数行のコメント化(解除)
複数行を一度にコメント化・コメント解除することもできます
AndroidStudioのショートカット:複数行のコメント化(解除)

ブロックのコメント化 / コメント解除

  • Windows:Ctrl + Shift + /
  • Mac:Command + Shift + /

選択した行をブロックコメントにします。

AndroidStudioのショートカット:複数行のブロックコメント
AndroidStudioのショートカット:複数行のブロックコメント

行の途中の文字を選択して、実行することもできます。

AndroidStudioのショートカット:行内文字のコメント化
AndroidStudioのショートカット:行内文字のコメント化

コードブロックの起点/終端に移動

  • Windows(起点へ)Ctrl + [  (終端へ)Ctrl + ]
  • Mac(起点へ)Option + Command + [  (終端へ)Option + Command + ]

カーソル位置が、コードのブロックの起点または終端にジャンプします。

AndroidStudioのショートカット:ブロックの起点へジャンプ
AndroidStudioのショートカット:ブロックの起点へジャンプ
AndroidStudioのショートカット:ブロックの終端へジャンプ

ソースコードやメニューの項目名などから検索する

  • Windows:Shiftキーを2回押す
  • Mac:Shiftキーを2回押す

クラスやファイルやメニューなどを検索する、検索画面が表示されます。

検索結果一覧からクラス名をダブルクリックすると、そのクラスの定義にジャンプできます。

AndroidStudioのショートカット:クラス名の検索
AndroidStudioのショートカット:クラス名の検索画面からジャンプする

Actionsタブで検索すると、例えばツールバーの表示切り替え(ON/OFF)なども操作できます

AndroidStudioのショートカット:Actionを検索する
AndroidStudioのショートカット:Actionの検索結果からon/offを切り替える
AndroidStudioのショートカット:Actionの検索結果からon/offを切り替え
ツールバーはメニューから項目を選んで非表示にすることもできます
AndroidStudioのショートカット:Actionの検索結果からon/offを切り替える

コードを再フォーマットする

  • Windows:Ctrl + Alt + l(エル)
  • Mac:command + option + l(エル)

コードの改行位置を揃えて、表示を見やすくします

AndroidStudioのショートカット:ソースコードの改行位置を整える
AndroidStudioのショートカット:ソースコードの改行位置を整える

Shiftも一緒に押すと、細かなオプションを設定して実行することができます。

  • Windows:Ctrl + Alt + Shift + l(エル)
  • Mac:command + option+ Shift + l(エル)
AndroidStudioのショートカット:ソースコードの改行位置を整えるオプション
細かいオプションを設定できるダイアログボックス

ソースコードへジャンプする

  • Windows:F4(または Ctrl + Enter)
  • Mac:F4(または command + ↓)

例えば、ColumnというWidget名にカーソルを置いてF4キーを押すと、Columnが定義されているbasic.dartファイルが開き、Columnが定義されている行を表示します。

AndroidStudioのショートカット:上位階層を追加する
AndroidStudioのショートカット:定義コードにジャンプする

上位階層を追加作成する

  • Windows:Alt + Enter
  • Mac:Option + Enter

すでに作成した階層の上位に、新たに階層を作成します。

例えば、ColumnというWidgetをすでに作成したあと、Columnの上位階層にCenterを置いて、Column全体をセンタリングしたいという場合などに、便利に使うことができます。

このショートカットを使えば、「新たにCenter{}を作ってその中にColumnをカット&ペーストをする」という面倒な作業は必要はありません。

AndroidStudioのショートカット:上位階層を追加する
AndroidStudioのショートカット:上位階層を追加する(Container)
この中から任意のオブジェクトを選びます
AndroidStudioのショートカット:上位階層を追加する(Container)
child: などの文字も自動で挿入されます

if…else/try…catchなどで囲む

  • Windows:Ctrl + Alt + t
  • Mac:Command + Option + t

先の例ではContainerを上位に追加作成しましたが、if文やfor文で囲むこともできます

AndroidStudioのショートカット:上位階層を追加する(条件分岐)

コメント

タイトルとURLをコピーしました