Udemyのセール開催中!! 注目講座の見つけ方

Udemyの人気講座カテゴリー プログラミングを学ぶ

Udemy のセール情報です。

Udemy は、普段の価格はそれなりに高いので、セールを待っている人も多いと思います。

購入を迷っている講座があるなら、この機会にもう一度確認してみてください。もしかしたら最安値の1,610円になっているかもしれませんよ。

公式サイト 世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

Udemy の講座を選ぶ際の、私なりのちょっとしたポイントも書いてみました。
ご参考になれば。

Udemyセール期間

今回のUdemy のセールは、9/7(火)までの開催です。

期間が短いセールです。見逃さないで!

セール中の最低価格は1,610円

Udemy のセールでは、価格が大幅に下がります。

今回の最低価格設定は1,610円

普段は数万円する講座価格が9割以上の値下げになるので、Udemy のセールは本当に魅力的です。

Udemy の講座は買取式なので、一度買ってしまえば受講期間の制限はありません。
自分の好きなときに、受講することができます。

なので、セール期間中にまとめ買いしておくのが、Udemy のセール利用の定石です。

それに嬉しいことに、一度買った講座は、その後にアップデートされた内容も見ることができるんです。

最安値のセールで購入して全動画を見たはずなのに「しばらくしたら未受講の動画が登場してる」なんて、すごくお得ですよね。

Udemyの人気講座の見分け方

Udemy にはたくさんのカテゴリーがありますが、やっぱり「開発」「IT系」は人気です。

人気があると言うことは、優良な講座が多いということでもあります。
受講生の評価はシビアですから「ヘタな講座」が多ければ、人気は出ませんから。

それでもやっぱり、初めての講師の講座では「この講座大丈夫かな?」と不安になるのが当然です。

その際の、講座をチェックする着眼点として大切な点をあげてみます。

コース内容のチェック

当たり前なんだけど、自分のレベルに合った内容なのかどうか、自分の知りたいことが盛り込まれているかどうか、というのをきちんとチェックすることが、なんと言っても重要です。

まかり間違っても、タイトルだけ見て決めてはいけません。

Udemy の講座は、コース内容が細かく公開されています。

講師によっても違うけど、1本ごとの動画タイトルを見ただけで内容がわかるような講座もあるし、あるいは動画タイトルは簡略だけど、その具体的な説明が添えられていることもあります。

例えば、「Pythonの基礎」だけでは内容はわからないけど、「変数の概念や四則演算、比較演算子、論理演算子について学びます」と詳細の説明があると、内容がわかりますよね。

こういうコース内容の説明は、できるだけ細かくチェックしましょう。
自分に合った講座を見つけるための、大切な第一歩です。

動画タイトルの横のボタンをクリックすると詳しい説明が見られる(みんなのAI講座)

動画のタイトルそのものがわかりやすい講座(みんなのプログラミング)

プレビュー動画で雰囲気をチェックする

プレビュー動画は、講座の総時間数が多くなるほど、たくさん公開されています。

Udemy の動画は、最速なら2倍速で再生することができます。サラっと見るだけでも講座の雰囲気が掴めるので、ぜひ見ることをオススメします。

講師の話し方や、教材の表示のしかたなど、違和感なく「もっと詳しく聞きたい」と思えたら迷わず購入です。

最終更新日が古くなっていないか

講座内容が古くなっていないかどうか、という点も大切です。

講座のカテゴリによっても違うけど、「開発」や「IT系」は環境のバージョンが上がったり、新しい技術の登場などが頻繁にあるので、そうした大きな変化のときに更新がされているかどうか、というのは重要です。

動画のメンテナンス方法は講師によってさまざまだと思うけど、「既存の動画に新しい内容を挿入」して動画そのものをアップデートしたり、あるいは「新規に動画が追加」されたりします。

受講生のレビューは星の数ごとにチェックする

Udemy の講座には、受講生のレビューが表示されます。

レビューを見る際は、まずは「星の数ごとに選択表示して読む」のが良いです。
漫然と表示順に読んでいると講座の特徴がわかりにくいし、たまたま同じような評価が並んでいるかもしれませんから。

それと、いつ頃のレビューなのかも重要です。

良い講座の講師は、レビューを見て低い評価の指摘を改善してブラッシュアップしています。
なので、いつ頃の受講生の評価なのかも見ながら読んでください。

受講者数と評価ポイントのバランスに注意

Udemy の講座には、受講生の評価が平均点として表示されています。最高点は5.0点です。

当然のことながら、受講生が多ければレビューの総数も多くなります。

レビュー総数が多ければ平均点にも意味があるのだろうけど、新着講座ではごく少数の限られた評価がその講座の評価ポイントになってしまうこともあります。

なので、評価ポイントを見るときは、「受講生数と評価の件数とのセット」で見ましょう。

30日間返金保証は最後の手段

講座を購入したときは「絶対にこの講座がいい!」と思って受講しはじめても、やっぱり自分には合わないということはあるものです。

そのために、Udemy には安心して申し込める「30日間返金保証」という制度が、全ての講座に適用されています。

でもだからといって、いつでも何でも返金できるわけではありません。

じゃんじゃん買って、じゃんじゃん返金するを繰り返したり、同じコースの返金を複数回申請したりすると、返金の拒否や制限を受けることに繋がります。

以下は、Udemy の返金ポリシー(「その他の返金拒否の理由」)より抜粋

・受講生が返金を申請する前に、コースの大部分を視聴しているか、ダウンロードしている。
・同じ受講生が同じコースの返金を2回以上申請している。
・同じ受講生が返金を何度も申請している。
・Udemyの利用規約または信頼と安全に関するガイドラインへの違反により、アカウントが通報されている、アカウントの使用が禁止されている、またはコースへのアクセスが禁止されているユーザー。
・適用法で義務づけられている場合を除き、定額制サービスの返金には応じられません。

https://support.udemy.com/hc/ja/articles/360050856093-Udemy-s-Refund-Policy

だから、申し込み前には、講座の内容や評価をじっくりと読んで納得して申し込んでください。
その上でダメなら、そのときはお返しするしか仕方がありません。

いくら「安くなっている」と言ったって、あるいは「30日間返金保証」があると言ったって、受講するには自分の有限な時間をその講座に費やすわけですから、できる限り最後まで受講して有意義な勉強をしたいものです。

貴重な時間を、自分には合わない講座のために浪費しないために、Udemy で有益な講座を見つけてくださいね。

公式サイト Futterを学べるUdemy講座一覧
公式サイト 初級者にオススメのPython講座一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました