【Flutter】ターミナルコマンドを使わずにPATHを通す方法

Flutter

開発初心者にとって、Macのターミナルを使うのは難しく感じます。

FlutterのPATHを通すやり方をネットで検索すると、ほとんどがターミナルでコマンドを叩いて作業する方法が紹介されているけど、実はマウス操作でPATHを通すことができるんです。

私が以前、Flutterを最初にインストールしたときは、ターミナルの操作にも慣れたかったという理由もあってターミナルからコマンドを実行したけど、今回マシンを新しくして新規に環境を作るにあたっては、Finderを表示してマウスで操作しました。

ターミナルでコマンド打つってなんだかよくわからん! っていう人は、この方法でどうぞ。

使っているシェルの種類を確認

ターミナルは使わないけど(実はちょっと使うけど…)、ターミナルが使っているシェル言語の種類は知らないと、先に進めません。

簡単に確認する方法は、ターミナルを立ち上げるのが一番早いです。

ターミナルは、アプリケーションの中のユーティリティにある「ターミナル.app」です。

ユーティリティからターミナル.appを開く

ターミナルを開くと、画面上部に使っているシェルの名前が表示されます。

この画面ではzshです。

ターミナル上部に表示されたシェル言語名zsh

MacのOSがMojave以前だと、bashって出ていると思います。
たぶん、MojaveからCatalinaにアップデートしたマシンでもbashって出てると思います。

このシェルの種類によって、PATHを書き込むファイル名が異なります。

PATHを書き込むファイルを作成

使っているシェル言語の種類が確認できたら、PATHを書き込むファイルを作成していきます。

ファイル名は、zshなら、.zshrc。
bashなら、.bash_profileです。

作成する場所は、/Users/(ユーザー名)/ の直下です。隠しファイルとして作るので先頭にピリオド (.) がつきます。

作成するのはテキストファイルなので、テキストエディタでも作成できるけど、文字コードの問題などがあってちょっと気を使うので、この作業だけはターミナルから実行する方が確実です。

ターミナルを開いて、次のように打ちます。

先に調べたシェル言語の種類によって、コマンドの引数が違います。
zshなら、次。

% touch ~/.zshrc

bashなら、次。

$ touch ~/.bash_profile

これで、必要なファイルができたはずです。

touchコマンドは、指定したファイルがなかったときに、新しいファイルを作成してくれます。

もし既に同名のファイルがあったとしても、タイムスタンプが更新されるだけで、既存ファイルが消えてしまうことはありません。

Finderで隠しファイルを表示

次にFinderです。

隠しファイルは非表示になっているFinder

一般的にFinderは、システム関連のファイルやフォルダは非表示になっています。

重要ファイルが謝って削除されたり変更されたりすることのないように、非表示になっているのだけど、この非表示ファイルを表示するように変更します。

やり方は簡単。

Finder上で、コマンド+Shift+ピリオド (.) と打ちます。

すると、名前の先頭が .(ピリオド)の隠しファイル(フォルダやファイル)がグレーで表示されます。

いまターミナルから作った .zshrc もしくは .bash_profile も、グレー表示で見えるようになったはずです。

隠しファイルが表示されたFinder

テキストエディタで設定ファイルを編集する

作成した.zshrcまたは、.bash_profileをテキストエディットなどのエディタで開いて、次のようにFlutter/binのパスを入力します。

Finderから右クリックしてエディタで開く

私は、ユーザー名の下に development フォルダを作ったので、以下のようなパスになっています。

export PATH="$PATH:/Users/(ユーザー名)/development/flutter/bin"

PATHを入力するのは意外と大変なので、Finderからコピーすることができます。

FinderでFlutterをインストールしたフォルダを表示して、Flutter/binをクリックします。

FinderでPATH名をコピーする
パスバーは、メニューバーの[表示]>[パスバーを表示]で表示できる

Finder下部に表示されたフォルダ階層(パスバー)の bin を右クリックして、”binのパス名をコピー”を選びます。

これで、簡単にエディタに貼り付けられます。

テキストエディットにコピーしたパスを貼り付ける
すでに何か入力してある行は、そのまま残して、次の行に入力する

ターミナルで確認する

ちゃんとPATH設定ができたかどうか、ターミナルで確認してみます。

Flutterを動かすコマンドならなんでもいいですが、ここではFlutterのバージョンを確認するコマンドを実行してみます。

$ flutter –version

次のようにバージョン表示できれば、ちゃんとFlutterコマンドが使えるようになっているので、PATH設定成功です。

ターミナルでflutterコマンドを実行してPATHが通っているか確認する

Udemyで学べるオススメ関連講座 >>
Macで楽しむターミナルAPPの活用講座!できるMacユーザーはターミナルを使いこなしている?黒い画面もこれで怖くない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました