ドキュメントにXMLタグを作成する

InDesign xml 〜JavaScriptでxmlタグを作成する〜 XML組版
スポンサーリンク

InDesignドキュメントにXMLタグを作成する方法はいくつかあります。

ここではJavaScriptで、タグ名やタグのカラーを直接指定して作成する方法を紹介します。

コードサンプル

#target indesign
var objDoc = app.documents.add();
var objTag1 = objDoc.xmlTags.add("タグ1", UIColors.white);
var objTag2 = objDoc.xmlTags.add("タグ2", [255,255,255]);

実行結果

スクリプトの実行後にタグパネルを表示すると、「タグ1」「タグ2」が表示され、タグが追加されていることがわかります。

XMLタグパネルに表示されたタグ

サンプルの解説

スクリプトの1行目で、処理ターゲットのアプリケーションにInDesignを指定します。

ここで、次のようにInDesignのバーション指定をすることもできます。
「15」は、InDesign2020です。

#target indesign-15

新規ドキュメントを作成したあと、xmlTags.add()でタグを追加しています。
始めに「タグ1」を、次の行で「タグ2」を作成しました。

var objTag1 = objDoc.xmlTags.add("タグ1", UIColors.white);
var objTag2 = objDoc.xmlTags.add("タグ2", [255,255,255]);

最初の引数がタグ名、2番目の引数はタグの表示色です。(色指定はオプションなので、指定しなければInDesignが勝手に色をつけてくれます)

UIColorsで、既存の色名を指定することができます。

whiteを指定したので、タグパネルから「タグ設定」の画面で確認すると「ホワイト」になりました。

XMLタグの色 UIColor

「タグ2」の色は、RGBの値を配列で指定しています。

「タグ設定」画面を確認すると「カスタム…」となっています。

XMLタグの色 カスタム色

ここではobjTag1、objTag2を作成したので、下のコードのように、タグにあとからアクセスすることができます。

objTag1.name = "タグタグ";

コメント

タイトルとURLをコピーしました