「スクリプちん」のサイトデザインをリニューアル作業中です…^^;

基本的な文法入力ミスを修正する「構文チェック」

当ページのリンクには広告が含まれています。
スクリプちん:ESTKの使い方「構文チェックツール」

ExtendScript Toolkitには、入力ミスをチェックする構文チェックという機能があります。

目次

構文チェックの実行方法

構文チェックは、ショートカット[F7]で実行できます。

メニューバーでは[編集(E)]>[構文チェック(S)]です。

ExtendScriptコードエディタ:構文チェックをメニューバーから実行
メニューバーには、ショートカットも表示されています

構文チェックは簡単に実行できるので、一連のコードを書き終えたときや、デバッグする前、作業が一段落して保存する前などに実行して、タイプミスなどの単純なケアレスミスをチェックしておきましょう。

構文チェックを実行するタイミング
  • 一連のコードを書き終えたとき
  • デバッグする前
  • 作業が一段落して保存する前

構文エラーの表示と修正

構文チェックを実行してエラーがあると、下記のようにエラー箇所が表示されます。

ここでは文末に「:(コロン)」がないために、エラーとなっています。

ExtendScriptコードエディタ:構文チェックでエラー発見
case文の末尾にコロン( : )がないので次の行がオレンジ色になって停止

「:」を入力するとエラー表示がなくなりました。

ExtendScriptコードエディタ:構文チェックでエラー修正
修正するとエラー表示も消える

Adobe ExtendScript Toolkitは、サポートが終了しています

Adobe ExtendScript Toolkitは、サポート終了後もしばらくはインストーラーのダウンロードはできており、使用することもできましたが、現在ではダウンロードもできなくなっています。

今からExtendScriptの開発を始めるなら、Visual Studio Code(VSCode)を導入することになりますが、AdobeはすでにUXPへの移行を進めています。

UXPの開発環境アプリは、Creative Cloudアプリ内の「UXP Developer Tools」からインストールできます。

公式サイト Adobe InDesignユーザーガイド:InDesignの拡張>自動化>スクリプト

公式サイト Visual Studio Code(VSCode)

+DESIGNING VOLUME 50 (マイナビムック)の「ちょっと自動化→ちょっとしあわせ ラクラボ。〜ESTKはもう古い! 最新の開発・デバッグ環境の構築方法」というコラムで、VSCodeでのデバッグについての解説が掲載されています。

Amazonなら、Kindle Unlimitedでも読めます。
普通にコレを1冊買うより、Kindle Unlimitedに1ヶ月登録したほうが安く読めますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次