バージョンタグでスクリプトのバージョンを管理する

ExtendScriptコードエディタ:バージョンタグ ExtendScript Toolkit

ESTKには、スクリプトのバージョンを管理するステートメントが用意されています。

スクリプトエディタのメニューバーから[編集(E)]>[バージョンタグを挿入(V)]を実行します。

ExtendScriptコードエディタ:バージョンタグを挿入

すると、ファイル名と現在の日付と時刻のコメントが次の形式で挿入されます。

/*
@@@BUILDINFO@@@ ソース1.jsx !Version! Sun Oct 18 2020 18:27:42 GMT+0900
*/

スクリプトの編集中でも[バージョンタグを挿入(V)]を実行すると、コマンドを実行した日時にバージョンがアップデートされます。(ファイルの保存日時ではありません

実行前に、以前挿入したコメントをわざわざ削除する必要はありません。
カーソルがスクリプトのどこにあろうとも、既にある文字がアップデートされます。

気をつけたいのは、[バージョンタグを挿入(V)]を実行すると、バージョンタグがアップデートされるというコマンドなので、一度挿入したあとは、スクリプトを編集したら必ずこのコマンドを実行しないと、混乱を招く恐れもあるので注意が必要です。

ExtendScriptコードエディタ:バージョンタグで入力される日付日時
挿入直後のバージョンタグ
ExtendScriptコードエディタ:バージョンタグで入力される日付日時
数分後に再度、[バージョンタグを挿入]を実行

新規作成直後の一度も保存していないファイルには、挿入することはできません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました