AdobeCCは結局どこが一番安い? チャート図でわかる購入方法

AdobeCCを安く買う方法【チャート図】 AdobeCCお買い得情報

Adobeのソフトを個人で安く買う方法は、「ソフトの種類」「契約期間の長さ」「学生か社会人か」の3つの要素の組み合わせによって、選択するネットショップを決めれば解決します。

  • 欲しいソフトは何? 「コンプリートプラン」または「単体プラン」
  • 使う期間は何ヶ月? 「1ヶ月単位の短期間」または「1年〜数年の長期間」
  • あなたは学生さん? 「学生・教職員」または「一般社会人」

Adobeソフトを買えるショップは、「Adobe公式サイト」「Amazon」「Adobe公認のスクール」の3つの選択肢がありますから、自分に合った超特価を探しましょう。

Adobeのソフトが買えるネットショップには、Amazonのほかにもヨドバシ.com楽天パソコン工房のダウンロードコーナー iconなどがありますが、どこもAmazonの価格と同額かそれ以上の値段です。また、品揃えはAmazonが一番多いです。

なので、ここでは公式サイト以外のネットショップ代表としてAmazonを取り上げます。

Adobeのソフト別に購入するショップを選ぶ

ここからはチャート図に従って、自分の条件から選ぶべきネットショップを探します。

まずはAdobeCCを大きく分けて、「コンプリートプラン」または「単体プラン」の2種類からスタートです。

AdobeCCコンプリートプラン

AdobeCCのコンプリートプランを買うには、「契約期間の長さ」と「学生か社会人か」の組み合わせでショップの選択肢が分かれます。

さらに、学生の場合は「初回購入」なのか「2年目以降」の購入なのか、で2つの選択肢があります。

AdobeCCコンプリートプランを安く買う方法【チャート図】

単体プラン

AdobeCCのうち単体プラン(フォトプランを含む)については、ほとんどが公式サイトでの購入になりますが、一部の単体プランの年間プランとAcrobatは、Amazonという選択になります。

フォトプランは、Photoshop、Lightroom、Lightroom Classicの単体プラン3つが使えるセットプランです。付属のストレージ20GBを選ぶか1TBを選ぶかで、公式サイトAmazonか選ぶショップが変わります。

AdobeCC単体プランを安く買う方法【チャート図】

A. アドビスクールパートナー

アドビスクールパートナーを利用すると、AdobeCCコンプリート年間プランを、他のどこよりも安く39,980円割引キャンペーン価格で買うことができます。

この超特価で購入できるのは「デジタルハリウッド」「ヒューマンアカデミー 」「アドバンスクール」の3校です。

AdobeCCコンプリート年間プランの価格は、Adobe公式サイトでの定価では、年間一括72,336円(月額6,248円)。セールになっても47,520円(月額3,960円)。
一方のAmazonでも42,000〜65,000円程度です。

それが、スクールパートナーでは「学割価格(39,336円)+644円」の39,980円で購入できます。

このキャンペーンで買えるのは「AdobeCCコンプリートのアカデミック版」ですが、学生だけでなく一般の社会人でも購入が可能です。

もちろんアカデミック版でも通常版でも、ソフトは同じAdobeCCコンプリート。機能に違いはありません。個人で使うなら商用利用もできます。

どのスクールでも価格は同じですが、このキャンペーンは「AdobeCC付きの講座」ですから、スクールによって講座内容や特典に違いがあります。

もし、「とにかく早く、AdobeCCコンプリートの年間プランが欲しい」というのなら「デジタルハリウッド(デジハリ)」がオススメです。
デジハリにも良い講座がありますが、なにしろ申し込みからソフトの受け取りまでが最短です。

一方で、納品スピードよりも講座種類の豊富さで選ぶなら「ヒューマンアカデミー (たのまな)」か「アドバンスクール」が良いです。
(「たのまな」とは、ヒューマンアカデミーの通信講座サイトの名前です)

「ヒューマンアカデミー」と「アドバン」なら、「アドバンスクール」の方が受講できるソフトの種類が豊富だし、サポート期間も長い、そしてQuoカード1,000円分のプレゼントもあるので「アドバン」はオススメです。

でも「アドバン」は、残念ながらいつでも39,980円の超特価ではありません。

なので、もし「アドバン」がキャンペーン中で安くなっているなら「アドバン」。
「アドバン」がキャンペーンでなければ「ヒューマンアカデミー (たのまな)」、というのが私の私見です。

B. Amazon

Amazonにはアドビのストアがあります。

扱っているソフトの種類は多くはありませんが、Amazon限定のお買い得プランが多くあります。

AmazonにあるAdobeCCのソフトのうち、他のサイトよりも安く買えるソフトは次の通りです。

  • AdobeCCコンプリート学割版(2年目以降に買う場合)
  • Illustrator
  • フォトプラン 1TB
  • Lightroom
  • Acrobat Pro
  • Acrobat Standard

コンプリートプランの通常版も、公式サイトより安い価格でAmazonにありますが、コンプリートプランの通常版は「A. アドビスクールパートナー」で紹介したように、デジハリヒューマンアカデミー アドバンのいずれかで買った方が安いです。

また、Amazonで月々プランが購入できるのはAcrobatのみです。それ以外のソフトは年間プランしかありません。

Amazonでは月々プランがほとんど買えない一方で、長期契約プランが豊富にあります。

もし、2年以上の長期間使う予定が確定しているのであれば、Amazonで価格チェックしてみてください。

その際、一番安く買うにはやっぱりセールの時期が最強に安いです。
特にIllustratorの2年版・3年版、Acrobat Pro及びStandardの3年版のセール価格は、本当に安くなります。

AmazonのAdobe:料金プランごと価格推移グラフ」では、各ソフトのプランごとの価格推移をグラフにしています。参考にしてみてください。

C. Adobe公式サイト

Adobe公式サイトでは、Adobeのすべてのソフトを購入することができます。

Amazonでは買えない月々プランも、PhotoshopやInDesignなどの単体プランも、全て揃っています。Adobe Stockだって公式サイトで申し込めます。

もちろん、Photoshop ElementsなどのElements系ソフトも、新バージョンが出れば、他のどのショップよりも速く買うことができます。(Elementsはこちらから購入)

でも基本的に、Adobeは公式サイトで買うと高い

だから、他のネットショップではなくわざわざ公式サイトを選ぶポイントは、ズバリ!「プラチナスクールやAmazonで買えないAdobeソフト」です。

他のショップでは買えなけど公式サイトなら買えるAdobeソフトは、次の通り。

  • Photoshop
  • フォトプラン 20GB
  • InDesign
  • Premiere Pro
  • Premiere Rush
  • After Effects
  • Animate
  • Substance 3D
  • Adobe XD
  • Spark
  • Dreamweaver
  • Audition
  • InCopy
  • Adobe Stock

上記以外に、Amazonで扱っている下記ソフトの月々プランも、公式サイトでなら買うことができます。

  • Illustrator(月々プラン)
  • フォトプラン 1TB(月々プラン)
  • Lightroom(月々プラン)

公式サイトのセールの特徴

公式サイトでも、セールが頻繁に開催されます。

今年2021年は、この10月までで10回のセールがありました。今年も年内に、また始まるのではないかと推測しています。ブラックフライデーもあるし。

Adobe公式セール特徴は4つあります。

  1. 年間プランの「月々払い」の年間トータル価格が、「一括払い」と同額になる。
  2. 公式サイトの全てのソフトが値引きになるわけじゃない。
  3. セールで値引きされるソフトはいつも同じ。
  4. セールになってもAmazonにあるものは、Amazonの方が安い。

公式サイトのセールについては、下記の記事で詳しく紹介しています。

公式サイトが一番安いプランがある!?

ここまで「公式サイトでは他では買えないプランを買う」としてきましたが、実は公式サイトにも他より安いプランがひとつあります。

それは、AdobeCCコンプリートプラン学割版の「初年度特別価格」というプランです。

2年目以降ならAdobeCC学割版はAmazonで買う方が安いですが、初めて買うなら「初年度特別価格」年間一括 26,136円という破格の安さで購入できます。

そしてまた、春には学生版限定のセールも開催されます。

今年2021年の今までのセール10回のうち、春には2回の学生教職員向けセールが開催されました。そのときのAdobeCC学割版は月額1,738円

年度替わりのセール時期のタイミングなら、文句なしの最安値です。

もちろん、他の値引きサイトなんかじゃなくて「公式サイトで買う」というこだわりがあるのなら、いつでも公式サイトを利用してくださいね。
本当は私も、何も考えずにAdobeのサイトでドーンと買い物してみたいんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました