AdobeCC安く買う!デジハリのアドビ講座ならデジハリストアも学割可

AdobeCCお買い得情報

AdobeCCコンプリートを購入するなら、スクールのAdobeCC12ヶ月ライセンス付き講座を利用するのが一番安い方法、というのはもう常識!(たぶん)

デジタルハリウッドには、AdobeCCを年間 39,980円(税込)でお安く使えるAdobeマスター講座[ソフト付属]というパッケージプランがあります。

学生以外の社会人がAdobe Creative Cloudコンプリートプランを買うときは、一旦スクール生になって、その学生特典を利用してCCを購入するのが、AdobeCCを最も安く手に入れる方法なのです。

学生教職員版でも、通常版でも、機能に違いはないし、個人の仕事としてなら商用利用しても全く問題ありません。

学生特典を利用できるスクールは、Adobe社指定の厳しい条件をクリアしたプラチナスクールパートナーに認定されているスクールなので、Adobe製品が安く手に入るうえに、講座の受講までできてしまうのですから、利用しないテはありません。

デジタルハリウッドなら、クリエイティブ業界に関わる人に、知らない人はいないであろう有名スクールです。

AdobeCC最安値! とうたっているスクールは他にもあるけど、それならどのスクールでも同じかと言えば、そんなことはありません。

スクールごとにサービス内容が違うのです。

というわけで、デジハリのAdobeマスター講座に申し込むと、最安値でAdobeCCが手に入る以外にどんな特典があるのか、詳しく解説します。

デジハリのAdobeマスター講座とは

デジハリのAdobeマスター講座には、AdobeCC1年分のライセンスのほか、オンライン講座とその添削課題が含まれます。

デジハリではキャンペーン価格としてではなくて、通常価格がこの39,980円(税込)という太っ腹価格です。

講座の概要は、以下の通り。

  • 価格:39,980円(税込)/36,346円(税抜)
  • Adobe Creative Cloud学生・教職員個人版12ヶ月ライセンス
  • オンライン動画教材 約46時間(1ヶ月間視聴可)
  • 課題の添削(2ヶ月間)
  • 「デジハリストア」ではその他ソフトを学生版価格で購入可
    (ストア内の全商品ではないので注意)
  • 社会人:可
  • 法人名義:不可
  • 領収書発行:可(申込み時に宛名を指定・無料)
  • AdobeCCの商用利用:可(個人での利用なら仕事でも使えます)
  • AdobeCCの更新利用:可(いま持っているAdobeCCの更新もできます)

オンライン動画と添削課題は、いずれも必ずやらなければいけない特典ではありません。

動画教材を見なくとも、課題を提出しなくとも、講座受講料が追加されることはないので安心です。

Adobeマスター講座の申し込みはWEB&メールで速攻完結

 

Adobeマスター講座に申し込んで講座代金の支払いが済むとすぐに、受講IDと、AdobeCCのシリアルコードがメールで届きます。

クレジットカード払いなら、カード決済に問題がなければすぐに手続き完了のメールが来るので最速です。

  • クレジットカード決済:手続き完了とほぼ同時
  • コンビニ決済:支払いの約3時間後
  • 銀行振込:営業時間内なら約30分後

デジハリから届いたメールの手順にしたがってシリアルコードを入力すれば、すぐにAdobeCCが利用できるようになります。

もちろん、オンライン動画教材も、受講IDを使って指定のURLからログインして、すぐ受講を始めることができます。

特典1:AdobeCC学生・教職員個人版ライセンス

デジハリAdobeマスター講座の最大の特典は、Adobe Creative Cloud学生・教職員個人版12ヶ月ライセンスです。

新規購入でも、今使っているAdobeCCコンプリートプランの更新でも、どちらでも利用できます。

また、学生・教職員個人版だからといって、Adobe Creative Cloudの通常版と機能に違いはありません
Adobe FontsなどのWebサービスも、同じように利用できます。

特典2:オンライン動画教材(約46時間)

オンライン講座では、次の4講座が用意されています。

  • Illustrator/Photoshop実習(24時間57分)
  • HTML/Dreamweaver実習(12時間09分)
  • After Effects/Premiere実習(5時間35分)
  • InDesign実習(3時間01分)

デジハリAdobeマスター講座の紹介ページでは、講座のダイジェストムービーとPDFの詳細カリキュラムを見ることができます。

各講座内で使っているバージョンは、必ずしも最新ではないけれど、その内容は基礎とはいえかなり充実しています。

特に、Illustrator/Photoshopは時間にして約25時間分というボリューム。

内容は基本から一通りを網羅していて、「普段はInDesignばかり使っていて、イラレ・フォトショはチョット苦手」という人にも、きちんと基礎を勉強し直すもってこいの講座です。

HTML/Dreamweaver講座では、HTMLとCSSを基礎から丁寧に解説。
少しだけですが、SEOやOGPの内容も含まれている充実ぶり。

特典3:「デジハリストア」でアカデミック版商品が購入可

デジハリには、デジハリストアというショップがあります。

このデジハリストアとは、デジタルハリウッドの学生・教職員専用のオンラインストアです。
Adobe Creative CloudAfter Effects用プラグインなどの、アカデミック版が購入できます。

年間定額制フォントサービス「LETS」≪1年版≫も、税込¥28,519(2021.4.3現在)とお買い得。

ただし、
Adobe Creative Cloudアカデミック版は「3ヶ月以上の講座に在籍している学生・教職員・TA」LETSは「3ヶ月以上の講座に在籍中の方、およびその卒業生」のみ購入可となっていて、全商品を購入できるわけではないので、注意が必要です。
(Adobeマスター講座の受講生には、特典でAdobeCCがついてます)

こうした学生専用ストアの利用は、他のスクールにはないデジハリならではの特典なので、「After Effectsのプラグイン」にピンと来た方は、間違いなくデジハリ一択です。

特典4:卒業後に仕事を紹介してもらえる

この講座の受講生は、もちろん「デジハリの学生」です。
ですから、受講後に仕事を紹介してもらうこともできるわけです。

デジハリは、もはやこの業界では知らない人はいないほどの超有名スクール。

卒業生は10万人。オンライン受講生は年間25,000人以上。
デジタルハリウッド」なんて言わなくても「デジハリ」で通じてしまうんですから。

これからAdobeを始めたい人はもちろん、すでにAdobeCCでお仕事していて、「実は、この先の仕事のことも考えたい」っていう人にはうってつけの超オススメ講座です。

注意:「デジタルハリウッド大学」とは別組織

デジハリには、文部科学省認可を受けた「デジタルハリウッド大学」という組織もありますが、今回紹介しているAdobeマスター講座は、これとは別モノです。

なので、このAdobeマスター講座に申し込んでも、学生証の発行や証明サービスはないので、学生を対象にした一般的な学割は使えません。

もっとコアに学びたくなったら

このAdobeマスター講座は、デジハリオンラインスクールの学習手法を実際に体験して試してみるのにも、とても良い機会になると思います。

実際デジハリでは、このAdobeマスター講座を「デジハリ・オンラインスクールの使いやすさ・学びやすさを実感していただくための入門講座」と位置付けています。

ですから、もしこの講座で「デジハリなら有意義に学べそうだ」と思えたのなら、デジハリ・オンラインスクール(デジタルハリウッドが母体になっている、完全オンラインスクール)へと進んで、より先のデジタルクリエイティブへのステップアップも、考えやすくなります。

なんてったって、デジハリですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました