AdobeCC

絶対お得!Adobe CC(Creative Cloud)12ヶ月が月額換算3,331円

AdobeCCのコンプリートプラン12ヶ月が月額換算3,331円(税込)で入手して利用できる、期間限定スペシャルプライスキャンペーンをやっています。「AdobeCC欲しいけど、高いから」と諦めることはありません。もちろん正規品、合法です。
Adobe JavaScriptリファレンス

iconbutton(アイコンボタン)

iconbutton(アイコンボタン)を使うと、画像ファイルを押しボタンとして表示することができます。ボタンに画像を表示することでその役割が判別しやすくなる効果があります。
Adobe JavaScriptリファレンス

flashplayer(フラッシュプレーヤー)

flashplayerは、GUIにフラッシュムービー(swf)を埋め込んで再生します。
Adobe JavaScriptリファレンス

image(イメージ)

imageは、GUIにアイコンや画像を表示するときに使います。画像ファイルの形式はpng。ファイルの指定は、ファイルのパスかファイルオブジェクトで指定します。
Adobe JavaScriptリファレンス

scrollbar(スクロールバー)

スクロールバーは、ドラッグしてスクロールできるインジケータと、そのインジケータを動かす矢印ボタン(ステッパー)のあるバーです。ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して使用します。
Adobe JavaScriptリファレンス

treeview(ツリービュー)

ツリービューは、階層表示できるリストです。各階層の項目は子要素を持つことができ、どれも個別に選択することが出来ます。ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して使用します。
Adobe JavaScriptリファレンス

slider(スライダー)

スライダーは、位置を動かすことのできるインジケーターがついた水平方向のバーです。ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して使用します。
Adobe JavaScriptリファレンス

progressbar(プログレスバー)

プログレスバーは、操作や処理の進捗状況を示す水平横長の長方形です。ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して使用します。
Adobe JavaScriptリファレンス

tab(タブ)

タブは、tabbedpanel(タブパネル)の中に入れて使用します。タブには各種コントロールを入れることができ、タブを使うとタブ内の内容をタブごとに切り替えて表示することができます。
Adobe JavaScriptリファレンス

tabbedpanel(タブパネル)

タブパネルでは、タブボタンをクリックすることで、同じエリア内の内容をタブごとに切り替え表示することができます。
Adobe JavaScriptリファレンス

panel(パネル)

panel(パネル)は、ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置します。パネル内にラジオボタンやチェックボックスを作成すると、それらはひとつのグループになるので、複数のラジオボタンのグループを作りたいときは特に便利です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました