AdobeCC コンプリート vs. 単体プラン どっちが安い!?

Adobe PhotoshopとIllustratorのロゴマーク AdobeCCお買い得情報

Adobeソフトは、コンプリートプランを買わずに単体プランを使うと、得なのか、損なのか、その辺の損益分岐点を考えます。

ここで前提とするAdobeCCコンプリートの価格は、すでに常識となっているAdobe認定スクールでの最安値39,980円とします。

AdobeCCが39,980円で買える認定スクール

一方の単体プランの価格は、
年間プランはセール価格
月々契約はセールでも値引きにならないので通常価格 です。

説明の便宜上、次のようにA〜Fの6グループに分けます。

Aグループが主要なアプリ群で、単体プランの中でもこのグループの年間プランのみが、セールでは値引きされます。
それ以外のグループは、セールでも値引きになることはほとんどありません。

AグループIllustratorPhotoshopPremiere ProAfter EffectsInDesignAnimateDreamweaverAudition
 22,176円/年、3,828円/月

Bグループフォトプラン1TBLightroomPhotoshopLightroom Classic
 26,136円/年、2,178円/月

CグループAcrobat Pro
 20,856円/年、1,738円/月

Dグループフォトプラン20GBLightroomPhotoshopLightroom Classic>、LightroomAdobe Express
 12,936円/年、1,078円/月

EグループAdobe XD
 10,978円/年、1,298円/月

FグループInCopy
 6,336円/年、638円/月

年間プラン:Aグループの主要アプリを使いたいなら

Aグループのアプリが単体では一番高いので、この中から1本選ぶとなると、それ以外の選択はDグループ以降に限られます。

Aグループから2本以上を使いたいなら、デジハリヒューマンアカデミー(たのまな) アドバンの講座受講生となってコンプリートを買った方が安くすみます。

年間プラン:フォトプラン+XD

フォトプランは、公式サイトではセール価格にはなりませんが、それでもフォトプラン1TBXDもしくはInCopyとなら単体で組み合わせても、コンプリートプランよりも安くなります。

こんな組み合わせで使いたいことがあるのかどうかは、わかりませんが…

ちなみに、フォトプラン1TBなら、Adobeの公式サイトよりもAmazonのフォトプランの方が数千円程度安いです。

年間プラン:Acrobat+InCopy

Acrobat Proはセールでも安くならなくて高いアプリですが、もしInCopyでのDTP作業がメインというのなら、AcrobatInCopyとしても年間で27,192円。

これならイケます。

コンプリートプランは単体プランの何ヶ月分か

ではここからは、月々プランで複数アプリを契約したときの、コンプリートプランとの損益分岐点を考えます。

例えば、AグループのIllustratorPhotoshopの2本を月々契約するとすると、何ヶ月までなら最安値の39,980円のコンプリートプランよりも安く使えるのか、という場合、

 (39,980円 ÷ (3,828円×2)) ≅ 5.2
となるので、Aグループのアプリ2本だと5ヶ月までなら、月々プランが安いです。

もし、これにInDesignも足して3本というなら、
 (39,980円 ÷ (3,828円×3)) ≅ 3.4
で、Aグループのアプリ3本だと3ヶ月まで

もうひとつ、さらにAcrobatも足して、IllustratorPhotoshopInDesignの4本となると、
 (39,980円 ÷ ((3,828円×3)+ 1,738円) ≅ 3.02
というわけで、自作DTPセット4アプリでも3ヶ月までなら、コンプリートを1年契約するよりも安いということになります。

【2023年2月】AmazonはAdobe公式サイトの約10%OFF!!
AmazonのAdobeCC価格(2月3日現在)
【2023年】Adobe公式サイト:AdobeCC学生版は最安値!!
購入後2週間以内は全額払い戻しOK!
AdobeCC公式サイト価格(1月21日現在)

コメント

タイトルとURLをコピーしました