AdobeCC公式サイト価格を徹底解剖:単体プランの賢い買い方

AdobeCCお買い得情報

AdobeCCは、公式サイトで買うと高いって思っていませんか?

確かに、公式サイトのAdobeCCコンプリートの年間プランの定価は、7万円を超えます。

もちろん、公式サイトでもセールでは安くなるけど、今年の春のセールも、ちょうど今やっているSUMMER SALEでも、コンプリート通常版の年間プランは5万円ちょっとまでしか下がりません。

一方で、Adobe認定のスクールなら講座とセットで4万円程度で手に入れることができます。この講座は社会人でも申し込めるので、とってもお買い得なんです。

Amazonのアドビストアでもセールになると安くなるので、公式サイトで買うのは、よっぽど「公式サイトに拘りたい」っていう人が買うところ、って思っている人もいるかもしれません… が !!

でも、AdobeCCはコンプリート年間プランだけじゃありません。

Illustratorだけを単体で使いたい」とか「数ヶ月間だけコンプリートプランを使いたい」っていうような使い方ができるんです。

そして、そういう買い方ができるのはAdobe公式サイト

それに、実は「Adobe公式サイトが一番安いプラン」だってあるし、「Adobe公式で買えないプラン」もあるんです。

この記事では、「単体アプリを複数買うのと、コンプリートプランを買うのとどっちが安いか」とか「月単位契約が年間プランを超える損益分岐点」なんかも計算してみました。

公式サイトで無駄なく契約して、AcobeCCを安く賢く使い倒しましょう。

公式サイト SUMMER SALE! 7/9(金)まで(現在は終了)

Adobe公式にしかないプラン

単体プラン

AdobeCCの単体プランのうち、Illustrator、Lightroom、PremiereRushなど数種類はAmazonのアドビストアでも買えますが、ほとんどの単体プランは公式サイトにしかありません。

Photoshopは人気のアプリですが、なぜか他のショップではフォトプラン(LightroomとPhotoshopがセットになったプラン)でしか扱ってないところが多いです。

フォトプランの20GBストレージプラン

フォトプランは、Photoshop・Lightroom・Lightroom Classicなどがセットになった、写真関連の処理に特化したセットプランです。

他のオンラインショップで扱っているフォトプランのストレージは、1TBのプランですが、実は公式サイトではフォトプラン20GBがあります。

ストレージ数が違うだけで他の機能に違いはないので、1TBはいらないというのなら、20GBプランにすれば1TBプランの半額以下です。

でも、フォトプランは年間契約しかないので、短期間だけ使うということができません。その点は、ちょっと注意が必要です。

もし、20GBのプランを使っている途中で使用ストレージの上限近くになると、1TBのプランにアップグレードするようにメッセージが出ます。

写真関連に特化したというフォトプランだけど、果たして本当にこの3つのアプリで十分なの?? というと、意見の別れるところで、Amazonではフォトプラン1TB+Illustratorという独自のセット販売もしています。

月々払い(月々プラン・年間プラン)

公式サイトの支払い方法の特徴は、ほとんどのプランを月単位で契約することができる点です。

ひと月ごとの契約だけでなく、年間プランを毎月の支払いに分けて払うことのできるプランもあります。

年間プランを月々払いする場合は、単純に年間プランの12分割というわけではないので、一括払いよりちょっと割高になります。

プランと支払い方法の組み合わせで、月単価の安い順に並べると、
[年間プラン一括払い]<[年間ブラン月々払い]<[月々プラン]です。

でも、セールで価格が下がったときは「年間プランの月々払い」と「年間プランの12分割」が同額になるので、もし「一括払いはちょっとキツイ」というのなら、セール中の年間プラン月々払いにするのがお買い得です。

公式サイト SUMMER SALE! 7/9(金)まで(現在は終了)

法人向け・教育機関向け

法人や教育機関向けのAdobeCCの契約は、ネット上ではほとんど話題にはならないけど、実は法人や教育機関向けのコンプリートプランも単体プランも、セールで安くなることがあります。

法人での利用は販売代理店を通して、見積もりを取ったりすることが多いのかもしれないけど、それと同時にAdobe公式サイトのセール情報もチェックしておくといいと思いますよ。

公式サイトのセール対象になるアプリ

Adobe公式サイトでしか買えないプランは、もし買いたいときにセールをやっていたら間違いなくもうけもんです。

でも、Adobe公式サイトのセールでは注意する点が3つあります。
「わざわざセールになるのを待ってたのに、安くないじゃん…」ってことのないように情報をインプットしときましょう。

セールになるのは一部のアプリ

Adobe公式サイトのセールでは、残念ながら全製品がセール価格にはなりません

セールになるのは、大体が次のアプリです。

単体プランの価格設定は4段階あって、そのうち、たいていは次のリストにあげた月額2,728円のアプリが、セールで30%前後の値引き対象になります。

  • Illustrator
  • Photoshop
  • Premiere Pro
  • After Effects
  • InDesign
  • Animate
  • Dreamweaver
  • Audition

セールは年間プランのみ

もう一つ残念なのは、セールになるのは年間プランのみので、月々プランは価格据え置きのことが多いです。

短期間利用したいときに、セールで月額1,800円程度で使えると嬉しいんですけどね。

年間プランのセール価格は新規購入のみ

Adobe公式サイトのセールでは、コンプリートプランも通常価格から2〜30%前後の値引き価格になります。

でもこれは新規購入の初年度特別価格なので、2年目以降はそのまま継続すると定価になります。

コンプリートプランでも、単体プランでも同様です。

なので、「単体プランのみが必要で、とりあえず1年でも安ければ嬉しい」というのなら、公式サイトのセールは狙い目です。

でも一方で、コンプリートプランの年間プランを買うなら、たとえ公式サイトでセールだったとしても、公式サイトで買うよりデジハリのAdobeCC付き講座(Adobeマスター講座)か、たのまな(キャンペーン時) の方が断然安いということになります。

Adobe公式サイトが一番安いプラン

実は、セールに限らず公式サイトが一番安いプランというのもあります。

それは、AdobeCCコンプリートの学生・教職員版(アカデミック版)年間プランの初年度購入です。

Amazonでもアカデミック版が買えますが、初めて買うのか、2年目以降なのかで価格に違いはありません。

でも、Adobe公式サイトのアカデミック版は、初年度特別価格という設定があるので、アカデミック版がさらに安く買えるのです。
いーなー学生諸君…。

でも注意するポイントがひとつ。それは「アカデミック版のが安い」という点です。

2年目以降になると、Adobe公式サイトの価格とAmazonのアカデミック版の価格とが逆転するので、2年目以降はAmazonで買う方が安く買えます。

それと、もし卒業後も継続してコンプリートプランを年間契約するつもりなら、Amazonには、Amazon限定2年版3年版の商品もあるので、自分の卒業までの年数を計算して購入計画を立てましょう。

Amazon限定の2年版3年版は、単純に1年分の2倍・3倍の価格ですが、それでもアカデミック版なので最安値です。

それに、その3年の間に値上げされる可能性だってないとは言えないので、長期利用が決まっているのなら長期版を買うのがトータルコストは安くなります。

どっちが安い!? (複数アプリ or 月単位) vs. (コンプリート1年)

さて、ここからはコンプリートプランを買わずに単体プラン・セットプランを使う場合、どんな買い方をするとお得に使えるのか、あるいは損しちゃうのか、その辺の損益分岐点を考えます。

前提とするAdobeCCコンプリートの価格は、すでに常識となっているAdobe認定スクールでの最安値「デジハリAdobeマスター講座」あるいは「たのまな講座セール価格」の39,980円とします。

一方の単体プラン・セットプランの価格は、
年間プランはセール価格
月々契約はセールでも値引きにならないので通常価格 です。

説明の便宜上、次のようにA〜Fの6グループに分けます。

Aグループが主要なアプリ群で、単体プランの中でもこのグループの年間プランのみが、セールでは大抵値引きされます。
それ以外のグループは、セールでも値引きになることはほとんどありません。

Aグループ:Illustrator、Photoshop、Premiere Pro、After Effects、InDesign、Animate、Dreamweaver、Audition
 22,176円/年、3,828円/月

Bグループ:フォトプラン1TB<Lightroom、Photoshop、Lightroom Classic>
 26,136円/年、2,178円/月

Cグループ:Acrobat Pro
 20,856円/年、1,738円/月

Dグループ:フォトプラン20GB<Lightroom、Photoshop、Lightroom Classic>、Premiere Rush、Lightroom、Spark
 12,936円/年、1,078円/月

Eグループ:Adobe XD
 10,978円/年、1,298円/月

Fグループ:InCopy
 6,336円/年、638円/月

年間プラン:Aグループの主要アプリを使いたいなら

Aグループのアプリが単体では一番高いので、この中から1本選ぶとなると、それ以外の選択はDグループ以降に限られます。

Aグループから2本以上を使いたいなら、デジハリやたのまなの講座受講生となってコンプリートを買った方が安くすみます。

年間プラン:フォトプラン+XD

フォトプランは、Adobe公式サイトではセール価格にはなりませんが、それでもフォトプラン1TBとXDもしくはInCopyとなら単体で組み合わせても、コンプリートプランよりも安くなります。

こんな組み合わせで使いたいことがあるのかどうかは、わからないけど…

ちなみに、フォトプラン1TBなら、公式サイトよりもAmazonのフォトプランの方が数千円程度安いです。

年間プラン:Acrobat+InCopy

Acrobat Proはセールでも安くならなくて高いアプリだけど、もしInCopyでのDTP作業がメインというのなら、Acrobat+InCopyとしても年間で27,192円。

これならイケます。

コンプリートプランは単体プランの何ヶ月分か

ではここからは、月々プランで複数アプリを契約したときの、コンプリートプランとの損益分岐点を考えます。

例えば、AグループのIllustrator・Photoshopの2本を月々契約するとすると、何ヶ月までなら最安値の39,980円のコンプリートプランよりも安く使えるのか、という場合、

 (39,980円 ÷ (3,828円×2)) ≅ 5.2
となるので、Aグループのアプリ2本だと5ヶ月までなら、月々プランが安いです。

もし、これにInDesignも足して3本というなら、
 (39,980円 ÷ (3,828円×3)) ≅ 3.4
で、Aグループのアプリ3本だと3ヶ月まで

もうひとつ、さらにAcrobatも足して、Illustrator・Photoshop・InDesignの4本となると、
 (39,980円 ÷ ((3,828円×3)+ 1,738円) ≅ 3.02
というわけで、自作DTPセット4アプリでも3ヶ月までなら、コンプリートを1年契約するよりも安いということになります。

まとめ

Adobe公式サイトの価格は単体プランならセールになります。
それに加えて、他のショップやスクールの価格パターンを把握しておくと、自分なりの最安値が見つかります。

「いつもAmazon」とか「いつもデジハリ」でもいいけど、いろいろ知っとくとちょっとお得になるんです。

AdobeCCはできるだけ安く手に入れて、とことん使い倒しましょうよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました