AdobeCCどっちが安い!? 単体プラン vs. コンプリート

Adobe PhotoshopとIllustratorのロゴマーク AdobeCCお買い得情報

コンプリートプランを買わずに単体プラン・セットプランを使う場合、どんな買い方をするとお得に使えるのか、あるいは損しちゃうのか、その辺の損益分岐点を考えます。

前提とするAdobeCCコンプリートの価格は、すでに常識となっているAdobe認定スクールでの最安値「デジハリAdobeマスター講座」あるいは「たのまな講座セール価格」の39,980円とします。

一方の単体プラン・セットプランの価格は、
年間プランはセール価格
月々契約はセールでも値引きにならないので通常価格 です。

説明の便宜上、次のようにA〜Fの6グループに分けます。

Aグループが主要なアプリ群で、単体プランの中でもこのグループの年間プランのみが、セールでは大抵値引きされます。
それ以外のグループは、セールでも値引きになることはほとんどありません。

Aグループ:Illustrator、Photoshop、Premiere Pro、After Effects、InDesign、Animate、Dreamweaver、Audition
 22,176円/年、3,828円/月

Bグループ:フォトプラン1TB<Lightroom、Photoshop、Lightroom Classic>
 26,136円/年、2,178円/月

Cグループ:Acrobat Pro
 20,856円/年、1,738円/月

Dグループ:フォトプラン20GB<Lightroom、Photoshop、Lightroom Classic>、Premiere Rush、Lightroom、Spark
 12,936円/年、1,078円/月

Eグループ:Adobe XD
 10,978円/年、1,298円/月

Fグループ:InCopy
 6,336円/年、638円/月

年間プラン:Aグループの主要アプリを使いたいなら

Aグループのアプリが単体では一番高いので、この中から1本選ぶとなると、それ以外の選択はDグループ以降に限られます。

Aグループから2本以上を使いたいなら、デジハリやたのまなの講座受講生となってコンプリートを買った方が安くすみます。

年間プラン:フォトプラン+XD

フォトプランは、公式サイトではセール価格にはなりませんが、それでもフォトプラン1TBとXDもしくはInCopyとなら単体で組み合わせても、コンプリートプランよりも安くなります。

こんな組み合わせで使いたいことがあるのかどうかは、わからないけど…

ちなみに、フォトプラン1TBなら、Adobeの公式サイトよりもAmazonのフォトプランの方が数千円程度安いです。

年間プラン:Acrobat+InCopy

Acrobat Proはセールでも安くならなくて高いアプリだけど、もしInCopyでのDTP作業がメインというのなら、Acrobat+InCopyとしても年間で27,192円。

これならイケます。

コンプリートプランは単体プランの何ヶ月分か

ではここからは、月々プランで複数アプリを契約したときの、コンプリートプランとの損益分岐点を考えます。

例えば、AグループのIllustrator・Photoshopの2本を月々契約するとすると、何ヶ月までなら最安値の39,980円のコンプリートプランよりも安く使えるのか、という場合、

 (39,980円 ÷ (3,828円×2)) ≅ 5.2
となるので、Aグループのアプリ2本だと5ヶ月までなら、月々プランが安いです。

もし、これにInDesignも足して3本というなら、
 (39,980円 ÷ (3,828円×3)) ≅ 3.4
で、Aグループのアプリ3本だと3ヶ月まで

もうひとつ、さらにAcrobatも足して、Illustrator・Photoshop・InDesignの4本となると、
 (39,980円 ÷ ((3,828円×3)+ 1,738円) ≅ 3.02
というわけで、自作DTPセット4アプリでも3ヶ月までなら、コンプリートを1年契約するよりも安いということになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました