Adobe MAX 2021開催!無料参加登録でAdobeCCが2週間利用できる

Adobe MAX2021: 登録してAdobeCCを2週間無料で使う AdobeMAX

Adobe MAX 2021が、日本時間の10月27日(水)・28日(木)に開催されます。
参加費無料のオンライン開催です。

特別な参加資格は必要なし。

AdobeCCコンプリートプランを2週間無料で利用できる特典もあります。(現在は終了)

AdobeIDで参加登録したら、たくさんのセッションを視聴して、新しいスキルを学びましょう。
ぜひとも聞いておきたいセッションをピックアップしてみました。

公式サイト Adobe MAX2021

Adobe MAXってなに?

ところで、Adobe MAXって何か知っていますか?

「Adobe MAX(アドビマックス)とは、アドビが開催するオンラインのクリエイティブイベント」です。

「クリエイティブイベント」って?? なんじゃそりゃ??

要するに、Adobe MAXとは、世の中のクリエイターと言われるプロたちがスピーカーとなってセッションを開いたり、クリエイティブな活動をしている今をときめく有名人が、普段の活動や考えをスピーチしたりするんです。

参加者は、オンラインでのチャット機能で、スピーカーやAdobeのスタッフにその場で直接質問することだってできてしまう。
ちょっと勇気がいるかもだけど…

技術的なセッションでは、Adobeソフトに関する最新情報や、目からウロコのアイデアなどが聞けるし、セッション資料のダウンロードもできる。

セッションを視聴するだけじゃなくて、参加者が自分のクリエイティブ作品を応募することだってできます。

応募するような画像や動画作品がなくっても大丈夫。
今年は「クリエイティブの楽しさ」や「クリエイターあるある」を吐いた川柳でも応募できます。
そしてもちろん、グランプリには豪華賞品!

公式サイト Adobe MAX「MAX Challenge」コンテスト

そしてまた、人気クリエイターの、アドビ製品を使って制作したグッズが買えるオンラインショップ「MAX Marketplace」や、毎年人気のMAXグッズやアドビグッズが購入できる「MAX Store」もオープンします。

公式ブログ Adobe Blog : クリエイター作品が手に入る!MAX Marketplace

AdobeMAXをもっと詳しく知りたいというのなら、Adobe MAX公式サイトの「よくある質問」が端的でわかりやすいです。

公式サイト Adobe MAX : よくある質問

Adobe MAXに参加登録でAdobeCCが2週間無料

Adobe MAX2021に参加登録でAdobeCCが2週間無料

Adobe MAXは、去年から参加費無料のオンライン開催になっています。

2019年まではリアル開催で、しかも10,000円の参加費が必要でしたが、2020年から新型コロナの影響でオンライン開催に変更されました。

特別な参加資格はありません。
「Adobeは趣味で使っているだけ」という人でもいいし、Creative Cloudの有料会員である必要もありません。

AdobeIDを作って参加登録さえすれば、Adobeソフトの初心者からその道のプロまで、だれでも参加・視聴できます。

そしてなんとうれしいことに、11月5日までにサインアップすると、AdobeCCを2週間無料で利用できるんです。

公式サイト AdobeCC 2週間の無料体験は今だけ(現在は終了)

公式サイト Adobe MAX2021「参加登録」

Adobe MAX2021のセッション

Adobe MAXのセッションは、内容ごとに次のようなカテゴリになっていて、全体で400以上のセッションがあります。

  • 3D and AR
  • 写真
  • コラボレーションと生産性
  • イラストとデジタルペイント
  • ビジネスにおけるクリエイティビティとデザイン
  • ソーシャルメディア
  • 教育
  • 動画・映像
  • グラフィックデザイン
  • Meet the Adobe Teams

参加登録すると、視聴したいセッションを自分のスケジュール画面へ追加したり、お気に入り登録できるようになります。

セッション約400本のうち、60セッションが日本語での発表です。

英語のセッションが多いですが、日本語字幕のあるセッションもあるし、開催期間中は字幕がなくても、セッション終了後のオンデマンド配信で日本語字幕がつくものもあります。

Adobe MAXの開催は、日本では10月27日・28日ですが、アメリカ時間では10月26日〜28日です。

アメリカとの13時間の時差のために、セッションは日本時間では夜中の2時だったりするけど、ほとんどのセッションは会期終了後も1年間はオンデマンドで視聴できるので、徹夜しなくても大丈夫。

でも、有名人が出演するメインステージセッションの一部は、期間中のみの配信のものがあるので気をつけて。

セッションを見てみよう

今年のAdobe MAX2021では、昨年の2020ではいくつかあった「Extend Script」関連のセッションが、ほぼなくなりました。

スクリプトで効率化しようっていう考えは、だんだんと少なくなってきているのかな、という印象。
スクリプトが好きな私としては、少し寂しい…

その一方で、最近はソフトそのものが多機能になって、気の利いたソフトが登場しているんだなと思う。

例えば、スクリプター(プログラマー)がスクリプトを作らなくても、デザイナーが自分一人でササッと作業できるソフト。

デザイナーは、本来の仕事であるクリエイティブな作業に専念できるし、エンジニアはシステム構築に専念できる。
それ以外の、専門性は低いけど必ず必要な細かな手筈は、ソフトが整えてくれるというような、アシスタントの役割も担ってくれるソフトが、これからはメインになっていくのかな、という感じなのでしょうか。

そんな気の利いたソフトがAdobe XD。
WEBやモバイル系をやるなら、このXDは使いこなせるようになったおきたい。

そんなことも踏まえながら、Adobe MAX2021で(私が)気になったセッションの一部をあげてみます。

気になるタイトルがあったら、Adobe MAXに登録してみてください。タイトルだけではなくてセッションの概要が見られます。

公式サイト Adobe MAX2021

Adobe XD関連のセッション

本来Adobe MAXのセッションの視聴者は、「対象となるソフトのことを全く知らない人」というのは想定していません。
少なくともそのソフトのことを、ちょっとは知っているということを前提にしています。

でもAdobe XDは、このソフトのことを全然知らない人でも、セッションを楽しく視聴できるのではないかな、と思います。

「へぇ〜〜、すげーな。」って感じで楽しいと思いますよ。

  • S530 – Adobe XDを使ったUI/UXデザイン
  • S533 – Adobe XDでの作業を高速化する、プロからのヒントとデザインのコツ
  • L541 – Adobe XDで高度なプロトタイプ作成にステップアップ
  • S912 – Adobe XD の最新機能と効果的な使い方
  • S915 – Adobe XDでここまでできるマイクロインタラクションの表現
  • S919 – 一味違うディレクター観点から紐解くAdobe XD活用法

公式サイト Adobe MAX2021: Adobe XD関連のセッション一覧

Photoshop関連のセッション

いまやスマホのカメラでさえ、十分に高精細な写真が撮れる時代です。

そして、個性的に加工してSNSへと投稿するのがごく当たり前になりました。

Photoshopは、やっぱり画像処理の王道ソフトです。

  • S804 – 普通の写真にひと工夫:モバイル写真のヒントとコツ
  • L575 – ソーシャルメディアで使用するモーショングラフィックスの作成
  • S926 – Photoshopが凄すぎた!SNSで映える写真加工法教えます
  • L366 – Photoshopでワークフローを加速するテクニック

公式サイト Adobe MAX2021: Photoshop関連のセッション一覧

InDesign関連のセッション

このサイト「スクリプちん」はInDesignの使い方を投稿することから始まったサイトです。
私は、やっぱりInDesignが好きなんです。

  • L312 – InDesignで各種スタイルを使いこなす
  • L311 – InDesignのデジタルパブリッシングとインタラクティブ機能
  • S303 – InDesignの最適なヒントとテクニックの発見
  • L309 – Adobe InDesignを徹底解説
  • S305 – 長文ドキュメントのInDesignレイアウトを作成するための5つのテクニック
  • S306 – InDesignの最新機能でデザインワークフローを向上
  • S307 – InDesignの自動化機能:クリエイティブスクリプトの概要
  • L310 – InDesignの基本:初心者からプロへ
  • L308 – 印刷物およびデジタルコンテンツ向けのInDesignの文字およびレイアウト
  • S301 – InDesignでデジタル製品を制作して収益を獲得

公式サイト Adobe MAX2021: InDesign関連のセッション一覧

PDF API関連のセッション

AcrobatのPDF APIの自動化技術は面白そうです。

  • S203 – クリエイターはロボットではない:自動化技術に任せる

公式サイト Adobe MAX2021: PDF API関連のセッション一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました