JavaScript

InDesignの使い方

InDesignをラクちんに使うTips一覧

「InDesignの使い方」「InDesignスクリプト」「ExtendScript GUI」「ESTKの使い方」の記事を箇条書き形式にまとめました。
InDesignスクリプト

テキストフレームの連結と解除

InDesignのテキストフレームを、ExtendScriptで連結・解除するコマンドの紹介です。「連結する」「解除する」というコトバから想像するとメソッドを使うような気がしますが、プロパティを使います。
InDesignスクリプト

スクリプトでInDesignを自動化するなら読んでおきたい本

高機能なDTPアプリケーションであるInDesignを、より効率よく動かすための仕組みがいくつかあります。スクリプトを使って自動組版することはその最たる例です。その技術を習得するのはなかなか難しいですが、諸先輩方が貴重な書籍を出版しています。
Adobe JavaScriptリファレンス

Adobe JavaScriptやESTKを使うなら持っておきたい本

Adobeのアプリケーションの一般的な操作を紹介している本はたくさんあります。でも、スクリプトや自動処理に焦点をあてて書かれている本は、そう多くはありません。そんな中、貴重な情報元となる本を何冊か紹介します。
InDesignスクリプト

ブックのスタイルソース設定と同期

InDesignのブックを同期する前にはスタイルソースを設定します。この設定を間違うと、段落スタイルなど正しく作られたドキュメントが、間違ったドキュメントの状態に書き換わってしまうので注意が必要です。スタイルソースの情報を取得するコマンドも紹介します。
InDesignスクリプト

ブックの作成とドキュメントの追加削除

InDesignのブックも、スクリプトで扱うことができます。ブックの作成、ドキュメントの追加と削除のほか、ブック内の各ドキュメントの持つ情報にもアクセスするスクリプトコードを紹介します。
InDesignスクリプト

ブックの同期オプションを設定する

InDesignのブックも、スクリプトで扱うことができます。ブックでドキュメントを扱う上では(たぶん)欠かせない同期オプションの設定コマンドを紹介します。
InDesignスクリプト

検索置換クエリを実行する

InDesignでは、検索置換の内容を「クエリ」として保存しておこことができます。 この検索置換クエリは、マウスでの作業のときはもちろんですが、スクリプトでも呼び出して実行することができるので便利です。 I
ESTKの使い方

ESTKのコード編集で使える検索置換の正規表現一覧

ExtendScript Toolkitの検索で使える正規表現の一覧です。スクリプトコードの検索・置換に使えます。
ESTKの使い方

ESTKエディタで長い文字列を複数行に入力する

ダブルクォーテーションで囲んだ文字列は、途中で改行するとエラーになってしまいますが、三重引用符で囲んだりバックスラッシュを使うことで改行できるようになります。
ESTKの使い方

構文チェックで基本的な構文ミスを修正する

ExtendScript Toolkitには、入力ミスをチェックする構文チェックという機能があります。F2キーのみで実行できるので、一連のコードを書き終えたときや、デバッグ前に実行して、単純な入力ミスなどをチェックできるので便利です。
ESTKの使い方

バージョンタグでスクリプトのバージョンを管理する

ESTKには、スクリプトのバージョンを管理するステートメントがあります。[バージョンタグを挿入]コマンドを実行すると、既定の形式でファイルのバージョン文字がスクリプトに挿入されます。
ESTKの使い方

ブロックインデント機能で複数行を一発で字下げする

複数行を一度にインデントしたり、またはインデントを解除(アウトデント)したりすることができます。
ESTKの使い方

ファンクション一覧からファンクション定義にジャンプする

スクリプト内で定義されているファンクションは、ファンクションファインダーや関数パネルに一覧表示され、そこから文書内のファンクション定義の行にジャンプできます。
ESTKの使い方

ブックマークして行を移動する

行にブックマークをつけておくと、簡単に行の移動をすることができます。ブックマークの挿入・削除・移動にはショートカットキーが便利です。
ESTKの使い方

エディタの画面表示をカスタマイズする

ExtendScript Toolkitのスクリプトエディタにも、他のコードエディタが一般的に備えているような、画面の表示オプションが用意されています。「行の折り返し」「行番号付け」「コードのアウトライン化」などのon/off設定ができます。
InDesignスクリプト

ライブラリファイルからアイテムを配置する

InDesignのライブラリファイルに登録・保存したオブジェクトは、いつでも呼び出してドキュメントに配置できて便利です。スクリプトでも手作業のときと同様に、ライブラリアイテムを貼り込む際に引数に挿入点を指定すればインラインとしても貼り込めます。
InDesignスクリプト

ライブラリー登録とアイテム情報の取得

スクリプトを使って、InDesignドキュメントのオブジェクトをライブラリーファイルに登録します。登録アイテムのプロパティを使って、情報の取得または修正ができます。スクリプトでは、登録アイテムをasset(配列はassets)という名前で扱います。
InDesignスクリプト

索引項目を作成して索引マーカーを挿入する

InDesignのドキュメントに索引項目を作成し、その項目を索引マーカーとしてドキュメント上に挿入します。スクリプトの作成時には、索引項目の作成と索引マーカーの挿入を別作業として考えるとわかりやすいです。
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : オブジェクトの表示・非表示

visibleプロパティ:オブジェクトの表示・非表示を切り替える。
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : オブジェクトに値を設定する(value)

valueプロパティ:コントロールの保持する値。コントロールの種類によって型が異なります。
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : text

textプロパティ:各種オブジェクトのタイトル、ラベル、または表示されているテキスト。
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : helpTip(ヘルプメッセージ)

helpTipプロパティ:マウスカーソルがコントロールの上にあるときに表示する小さなフローティングウインドウ。ツールチップ。
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : enabled(オブジェクトの有効化・無効化)

enabledプロパティ:各種オブジェクトの有効化・無効化
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : bounds(オブジェクトの座標)

boundsプロパティ:ウィンドウまたは各種コントロールの境界線の座標
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : window(ウインドウ)

Adobe JavaScriptのGUI(ユーザーインターフェース)のコマンドをリファレンス風にまとめています。
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : active

activeプロパティ:ウィンドウまたは各種コントロールのフォーカス。
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : iconbutton(アイコンボタン)

iconbutton(アイコンボタン)を使うと、画像ファイルを押しボタンとして表示することができます。ボタンに画像を表示することでその役割が判別しやすくなる効果があります。
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : flashplayer(フラッシュプレーヤー)

flashplayerは、GUIにフラッシュムービー(swf)を埋め込んで再生します。
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : image(イメージ)

imageは、GUIにアイコンや画像を表示するときに使います。画像ファイルの形式はpng。ファイルの指定は、ファイルのパスかファイルオブジェクトで指定します。
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : scrollbar(スクロールバー)

スクロールバーは、ドラッグしてスクロールできるインジケータと、そのインジケータを動かす矢印ボタン(ステッパー)のあるバーです。ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して使用します。
Adobe JavaScriptリファレンス

【ExtendScript】GUI : treeview(ツリービュー)

ツリービューは、階層表示できるリストです。各階層の項目は子要素を持つことができ、どれも個別に選択することが出来ます。ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して使用します。
タイトルとURLをコピーしました