active

Adobe JavaScript Reference GUI プロパティ:active Adobe JavaScriptリファレンス
スポンサーリンク

ウィンドウまたは各種コントロールのフォーカス。

activeの型

Boolean[R/W]

activeの仕様

true:アクティブ
false:非アクティブ

activeの設定対象となるオブジェクト

window(ウインドウ)

button(ボタン)
checkbox(チェックボックス)
dropdownlist(ドロップダウンリスト)
edittext(テキストボックス)
flashplayer(フラッシュプレーヤー)
iconbutton(アイコンボタン)
image(イメージ)
listbox(リストボックス)
radiobutton(ラジオボタン)
scrollbar(スクロールバー)
slider(スライダー)
statictext(固定テキスト)
treeview(ツリービュー)

サンプルコードと実行結果

// ダイアログ作成
var  objDlg = new Window ("dialog", "active", [0,0,300,100]);

// テキストボックスを追加
var objTbox01 = objDlg.add("edittext", [10,20,200,40], "テキスト");
var objTbox02 = objDlg.add("edittext", [10,50,200,70], "テキスト");

//  テキストボックスをアクティブ
objTbox02.active = true;

//ボタン
var objTBtn = objDlg.add("button", [220,50,270,70], "ボタン");

// ダイアログを画面センターに表示
objDlg.center();
objDlg.show();

2つ目のテキストボックスがアクティブになって、文字が反転しています。

GUIプロパティ active

下のように、ボタンをアクティブにすると、コントロールそのものがアクティブになります。

objTBtn.active = true;
GUIプロパティ active
ボタンの表示は変わりませんが、アクティブになっています。
GUIプロパティ active
ダイアログ表示直後に、スペースキーまたはリターンキーを押すと、ボタンが押されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました