listbox(リストボックス)

Adobe JavaScript Reference GUI編 Adobe JavaScriptリファレンス
スポンサーリンク

listbox(リストボックス)は、ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して、処理を実行する際に一覧表示されたリストの中から項目を選択するときに使います。

種類

listboxコントロール
クラス名:ListBox

機能

0個以上の項目を含むリストボックス。
ユーザーは、一覧表示されたテキストから値を選択することができる。

構文

ウインドウwにリストボックスを追加する。

w.add ("listbox", bounds[,items, {creation_properties}]);
bounds
listboxの位置とサイズ。
items
オプション。
リスト項目として表示するテキスト文字列の配列。項目ごとにListItemオブジェクトが作成される。
”-”とすると、セパレータ項目を作成。
itemsか、またはcreation_propertiesのitemsいずれかを指定できる。両方は指定できない。
creation_properties
オプション。
設定できる内容は以下。
name
listboxの一意の名前
multiselect
false:選択できる項目は1つ(デフォルト)
true:複数項目を選択可
items
リスト項目として表示するテキスト文字列の配列。
numberOfColumns
項目を表示する列数。デフォルトは「1」
showHeaders
trueとすると列のタイトルを表示できる
columnWidths
各列の推奨幅(ピクセル数を配列で指定)
columnTitles
showHeadersがtrueのときの表示するタイトル

サンプルコードと実行結果

ダイアログに、項目4つのリストボックスを作成後、2つ目の値を選択状態にしてダイアログを表示する。

// ダイアログ作成
var  objDlg = new Window ("dialog", "リストボックス", [0,0,250,150]);

// リストボックスを追加
var objLb = objDlg.add("listbox", [10,30,180,110], ["春の海","夏の空","秋の山","冬の水"]);
// 選択項目の初期値を設定
objLb.selection = 1;

// ダイアログを画面のセンター表示
objDlg.center();
objDlg.show();

項目の番号は0から始まるので、「夏の空」は1。

AdobeJavaScriptGUI listbox リストボックスを表示

リストボックス内の文字は、クリックして選択できる。

AdobeJavaScriptGUI listbox リストボックスの値をクリックして選択

リスト項目のプロパティ

リスト項目は、itemsとして自動的に、配列として作成されます。

itemsが作成されるのは、リストボックスが項目作成と同時に作成されたとき、または親となるリストボックス作成後に項目が作成されたとき、です。

次のコードは、itemsのプロパティを使って情報を取得し、アラート画面に表示しています。

選択されている項目には、”selection”でアクセスします。

//項目のプロパティ
alert (

"3番目の項目の選択状態 : " + objLb.items[2].selected + "\r\n" + 
"3番目の項目の文字列 : " + objLb.items[2].text + "\r\n" + 
"3番目の項目のインデックス番号 : " + objLb.items[2].index + "\r\n\r\n" + 

"リストボックスで選択されている項目のテキスト : " + objLb.selection.text + "\r\n" + 
"リストボックスで選択されている項目のインデックス番号 : " + objLb.selection.index, 

"項目のプロパティ");
GUI listboxのプロパティを取得する

コメント

タイトルとURLをコピーしました