slider(スライダー)

Adobe JavaScript Reference GUI編 Adobe JavaScriptリファレンス
スポンサーリンク

スライダーは、位置を動かすことのできるインジケーターがついた水平方向のバーです。

ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに配置して使用します。

種類

sliderコントロール
クラス名:Slider

機能

スライダーは、スクリプトの実行時にユーザーが位置を動かすことができるインジケーターのついた、水平方向のバー。

垂直方向にすることはできません。

構文

ウインドウwにスライダーを追加する。

w.add ("slider"[, bounds, value, minvalue, maxvalue, {creation_properties}]);
bounds
オプション。sliderコントロールの位置とサイズ。
value
オプション。インジケーターの初期値。デフォルトは0。
minvalue
オプション。valueに設定できる最小値。デフォルトは0。
maxvalue
オプション。valueに設定できる最大値。デフォルトは100。
creation_properties
オプション。 設定できる内容は以下。
name
sliderの一意の名前

サンプルコードと実行結果

ダイアログ作成後、インジケーターの初期値40のスライダーを作成する。

// ダイアログ作成
var  objDlg = new Window ("dialog", "スライダー", [0,0,300,100]);
// スライダーを追加
var objSd = objDlg.add("slider", [20,20,270,40], 40, 0, 100);
// ダイアログを画面センターに表示
objDlg.center();
objDlg.show();
AdobeJavaScriptGUI slider(スライダー)

ドラッグで移動できる。

AdobeJavaScriptGUI slider(スライダー)位置の移動

コメント

タイトルとURLをコピーしました