image(イメージ)

Adobe JavaScript Reference GUI編 Adobe JavaScriptリファレンス
スポンサーリンク

GUIにアイコンや画像を表示したいときには、imageコントロールを使います。

種類

imageコントロール
クラス名:Image

機能

png形式の画像を表示する。

構文

ウインドウwに画像を配置します。

w.add ("image"[, bounds, icon, {creation_properties}]);
bounds
オプション。imageコントロールの位置とサイズ。
icon
オプション。表示するアイコンのファイルパス、またはFileオブジェクト。画像ファイルはpng形式。
creation_properties
オプション。 設定できる内容は以下。
name
imageの一意の名前
スポンサーリンク

サンプルコードと実行結果

ダイアログ作成後、画像ファイルを配置する。

// ダイアログ作成
var  objDlg = new Window ("dialog", "イメージ", [0,0,250,250]);
// イメージを追加
var objIm = objDlg.add("image", [20,20,200,200], "(ファイルのパス)/aprin.png");
// ダイアログを画面センターに表示
objDlg.center();
objDlg.show();
AdobeJavaScriptGUI image(イメージ)

4行目のadd()メソッドの3番目の引数で、ファイルを指定します。上の例では、ファイルのパスで指定しました。パスの区切りは、”/” (スラッシュ)です。

ファイルは、以下のようにファイルオブジェクトで指定することもできます。

// イメージを追加
var objFile = new File("(ファイルのパス)/aprin.png");
var objIm = objDlg.add("image", [20,20,200,200], objFile);


コメント

タイトルとURLをコピーしました