スポンサーリンク

ウインドウオブジェクトにコントロールを作成する ~ 各種オブジェクト.add()

Windowクラスから作成したウインドウオブジェクトに、ボタンやチェックボックスをなどの各種オブジェクトを追加します。

種類

ウインドウオブジェクトのメソッド

機能

ウインドウオブジェクトまたはコンテナオブジェクトに、コントロールまたはコンテナオブジェクトを作成して返す。

作成に失敗したときはnullを返す。

構文

windowOrContainerObj.add (type [, bounds, text, { creation_props } ]);
type
追加するオブジェクトのタイプ

button
ボタン
checkbox
チェックボックス
dropdownlist
ドロップダウンリスト
edittext
編集可能なテキストフィールド
flashplayer
Flashムービー
group
グループ。他のコントロール用のコンテナ。
iconbutton
アイコンボタン
image
アイコンや画像
item
リストボックスまたはドロップダウンリストの項目
listbox
リストボックス
panel
パネル。他のコントロール用のコンテナ。
progressbar
プログレスバー
radiobutton
ラジオボタン
scrollbar
スクロールバー
slider
スライダー
statictext
固定テキスト
tab
タブ。他のコントロール用のコンテナ。
tabbedpanel
タブパネル。他のコントロール用のコンテナ。
treeview
ツリービュー
bounds
オプション。
新しいコントロールまたはコンテナの親からの相対的な位置とサイズ
text
オプション。
作成するコントロールの種類によって、タイトルやラベルなどの文字としてコントロールに表示される。
creation_props
オプション。
指定できる内容はオブジェクトによって異なります。詳細は各オブジェクトを参照してください。

サンプルコード

■テキスト入力欄を作成する。

var w = new Window("window", "ウィンドウのタイトル", [0,0,350,250]);
var t = w.add("edittext", [20, 70, 315, 90], "入力してください。");
w.center();
w.show();

ウインドウオブジェクトに編集可能なテキストフレームを作成する