アプリ開発の経験ないけどネイティブアプリを作ることになった第一歩

Flutter

私、長いこと、プログラミングに関わる仕事をしてきたけど、それはDTPに絡むことがほとんど。DTP以外には、たまに事務作業のヘルプツールを作ったことがあるくらい。

スクリプト以外では、かろうじてJavaを勉強したことがあるけど、もう20年近くも前のこと。実践経験はなし。

さて、そんな環境の中でスクリプトを書いてきた自分に、ネイティブアプリを作るって話が舞い込んできた。

というわけで、調べまくり。
知らないことだらけ。自分が何を知らないかも、わからない。

いまさら聞けない「ネイティブアプリってなに?」

えーー! そこから〜??

この記事のタイトルに「ネイティブアプリを作ることになった」なんて書いてるけど、そもそもネイティブアプリって、なに?

ネイティブアプリとは、スマートフォンやタブレットにGoogle PlayやAppleのApp Storeのようなアプリケーションストア経由でインストールして使用するアプリのことを指します。

https://www.elite-network.co.jp/dictionary/nativeapplication.html

なるほど。
ネイティブアプリに対して、Webブラウザで実行されるアプリをWebアプリというらしい。

名称は知らなくても、ネイティブアプリもWebアプリもどちらも日常的に使っているのね…

……という「いまさら聞けない」ところから、調べはじめました。

諸事情を鑑みながら、まずは基本的な次のことを決めなければいけません。

  • AndroidとiOS、どちらのアプリを作るのか
  • あるいはクロスプラットフォームで作るのか
  • 開発言語/開発環境は何を選ぶのか

Flutterという選択

決定に至った経緯はハショりますが、とりあえずクロスプラットフォームのFlutterを採用することになりました。

Flutter(フラッター)は、Googleが開発したモバイルアプリケーションのフレームワークです。
(ワタシが、「〜です。」というより「モバイルアプリケーションのフレームワークなんだそうです。」という方がしっくりきますが…)

このFlutterで使う言語は、Dart(ダートもしくはダーツ)。

このDartも、開発はGoogleで、ウェブ向けのプログラミング言語なんだそうです

Flutter 参考サイト

Flutterは、このところ日本でも急激に注目されてきていていますが、ほんの1年くらい前までは、日本語の情報はまだまだ少なかったようです。

最近はだんだんと増えてきているようですが、そんな中で、Flutterに関する重要サイトを覚え書きしとこうと思います。

Flutter 書籍

日本語のFlutter関連の書籍は、まだまだ少ないです。
以下、発行年順。

\\ 詳細レビューはこちら //

コメント

タイトルとURLをコピーしました