スポンサーリンク

GUI/statictext : 固定文字を表示する

InDesign Javascript GUI 固定文字を表示する

今回は、前回のグラフィカルユーザーインターフェース~Windowオブジェクトで作ったダイアログ画面内に、文字を表示してみる。

コードサンプル

// ダイアログ作成
var objDlg = new Window("dialog", "ダイアログのタイトル", [0,0,400,250]);
// テキストを追加
var objStText01 = objDlg.add("statictext", [20,10,380,70], "固定テキスト_1固定テキスト_2固定テキスト_3固定テキスト_456789000");
// ダイアログ表示
objDlg.center();
objDlg.show();

実行すると、こうなる。

解説

ウィンドウに固定テキストを追加する

オブジェクト.add(追加するコントロールのタイプ [, タイトル文字, 位置とサイズ, { オプション } ]);

(引数1): ウィンドウオブジェクトに追加するコントロールのタイプ
今回はここで “statictext” を指定。
他に指定できるのは以下。

(引数2): 位置とサイズは、親になるオブジェクト(サンプルの場合は、ウィンドウ画面(タイトルバーは含まない))の左上を0としたとき、表示するテキスト領域の左上座標と右下座標を配列 [left, top, right, bottom] で指定する。

文字は、表示領域に下揃えで表示され、領域の横幅から文字があふれても改行はされず1行分のみが表示(デフォルト)される。
サンプルコードでも、固定文字の最後の “56789000” は無視されている。

引数2 以降は、省略可。

(引数3): ダイアログに表示するテキスト
(引数4): statictextで指定できるオプションは以下の3つ。

  • multiline:
  • scrolling:
  • truncate:

スタティックテキストの値[R/W]

(スタティックテキストオブジェクト).text = "実行ボタンを押してください。";

textプロパティで、値の読み込み/書き込みができる。

次回は…

次回は、このダイアログ画面にテキストボックスを作成します。

GUI/edittext: テキストボックスを表示する
前回作ったダイアログ画面内に、さらにテキストボックスを入れます。テキストボックスは、プログラムの実行時にユーザーからの入力情報を受け取ることができます。パスワードの入力のように、文字表示をしないよう設定することもできます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
リプちんをフォローする
スクリプちん