グラフィカルユーザーインターフェース(実行画面)を作る

Adobe Javascript GUI GUI
スポンサーリンク

InDesignのDialogオブジェクトでもGUI画面を作ることはできるけど、Adobe JavaScriptの方が簡単に柔軟にダイアログ画面を表示することができる。

サンプルコード

var objDlg = new Window("dialog", "ダイアログのタイトル", [100,50,400,250]);
objDlg.show();

実行すると、こうなる。

解説

ウィンドウオブジェクトを作る

new Window (ウィンドウタイプ [, タイトル, 位置とサイズ, {オプション}]);

(引数1): ウィンドウタイプで指定できるのは、次の3つ。

  • dialog:ダイアログ形式
  • palette:パレット形式
  • window:一般的なウィンドウ

(引数2): タイトルは、タイトルバーに表示される文字。

(引数3): 位置とサイズは、画面の左上を0としたとき、表示するウィンドウの左上座標と右下座標を配列 [left, top, right, bottom] で指定する。
[(左上X), (左上Y), (右下X), (右下Y)]と考えるとイメージしやすい。

このとき指定するのは、タイトルバーの下の部分(windowの本体部分)の領域なので、leftとtopを0にするとウィンドウのタイトルバーがモニタ画面から上にずれてしまって、タイトルバーは見えなくなる。

ウィンドウを画面センターに表示したいときは、表示前に center() を入れる。
このとき、幅400、高さ250のウィンドウを表示したければ、[0,0,400,250]とすればいい。

var objDlg = new Window("dialog", "ダイアログのタイトル", [0,0,400,250]);
objDlg.center();
objDlg.show();

(引数4): オプションで指定できる値

  • resizeable
  • su1PanelCoordinates
  • closeButton
  • maximizeButton
  • minimizeButton
  • independent
  • borderless

ウィンドウオブジェクトを表示

objDlg.show();

newでウィンドウオブジェクトを作っただけでは表示されないので、show()で画面表示する。

ダイアログ画面に文字を入れる

次回は、このダイアログ画面に文字を入れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました