スポンサーリンク

GUI/edittext: テキストボックスを表示する

Adobe Javascript GUI テキストボックスを表示する

今回は、GUI/statictext : 固定文字を表示するで固定文字を入れたダイアログに、さらにテキストボックスを入れてみる。

テキストボックスは、プログラムの実行時にユーザーからの文字情報を受け取れるので便利。
ファイルのパスを入力すれば、処理対象のフォルダやファイルを実行の都度に変えることができる。

コードサンプル

// ダイアログ作成
var objDlg = new Window("dialog", "ダイアログのタイトル", [0,0,400,250]);
// テキストを追加
var objStText01 = objDlg.add("statictext", [20,20,380,40], "固定テキスト");
// テキストボックスを追加
var objTxtbox01= objDlg.add("edittext", [20, 70, 315, 90], "入力してください。");
// ダイアログ表示
objDlg.center();
objDlg.show();

実行すると、こうなる。

テキストボックスにカーソルを置くと、こうなる。

解説

ウィンドウにテキストボックスを追加する

オブジェクト.add(追加するコントロールのタイプ [, 位置とサイズ, テキスト, { オプション } ]);

(引数1): ウィンドウオブジェクトに追加するコントロールのタイプ
ここで “edittext” を指定。
他に指定できるのは以下。

(引数2): 位置とサイズは、親になるオブジェクト(サンプルの場合は、ウィンドウ画面(タイトルバーは含まない))の左上を0としたとき、表示するテキスト領域の左上座標と右下座標を配列 [left, top, right, bottom] で指定する。

文字は、テキストボックス領域の上下センター・左寄せで表示され、領域の横幅から文字があふれても改行はされず1行分のみが表示(デフォルト)される。

引数2 以降は、省略可。

(引数3): テキストボックス内に表示するテキスト
(引数4): edittextで指定できるオプションは以下の7つ。

  • name:
  • readonly:
  • noecho:
  • enterKeySignalsOnChange:
  • borderless:
  • multiline:
  • scrollable:

テキストボックスの値[R/W]

(テキストボックスオブジェクト).text = "ファイル名を入力してください。";

textプロパティで、値の読み/書きができる。

次回は…

次回は、このダイアログ画面にチェックボックスを追加します。

GUI/checkbox: チェックボックスを表示する
前回作ったダイアログ画面内に、チェックボックスを入れます。チェックボックスは、スクリプトの実行内容にオプションを追加するなどのon/offを切り替えるときによく使うコントロールです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
リプちんをフォローする
スクリプちん