ユーザーの入力内容を受け取るダイアログ~Window.prompt()

Adobe JavaScript Reference GUI編 Adobe JavaScriptリファレンス
スポンサーリンク

Windowクラスのprompt()を使って、ユーザーがテキスト入力した値を受け取るダイアログを表示します。

種類

Windowクラスのメソッド

機能

ユーザーのテキスト入力の内容を返すモーダルダイアログを表示する。

[OK]ボタンが押されたときは入力内容を返し、[キャンセル]が押されたときはnullを返す。

構文

Window.prompt (message, preset[, title ]);
message
ダイアログのメッセージとして表示する文字列。
preset
テキストの入力フィールドに表示される初期値。
title
オプション。
ダイアログのタイトルとして表示する文字列。デフォルトはScript Prompt。

サンプルコードと実行結果

var rt = Window.prompt("メッセージを入力してください。", "こんにちは");
Window.alert (rt);
Window.prompt()のサンプル実行結果

■[OK]ボタンを押したとき

Window.prompt()のサンプル実行結果 OKボタンを押したとき

■[キャンセル]ボタンを押したとき。またはエスケープしたとき。

Window.prompt()のサンプル実行結果 エスケープしたとき

コメント

タイトルとURLをコピーしました