スポンサーリンク

GUI/radiobutton: ラジオボタンを表示する

Adobe Javascript GUI ラジオボタンを表示する

GUI/checkbox: チェックボックスを表示するで作ったダイアログ画面内に、ラジオボタンを追加する。

ラジオボタンは、複数の実行オプションの中からひとつを選んで実行するときなどに使う。

コードサンプル

// ダイアログ作成
var objDlg = new Window("dialog", "ダイアログのタイトル", [0,0,400,250]);
// 固定テキスト
var objStText01 = objDlg.add("statictext", [20,20,380,40], "固定テキスト");
// テキストボックス
var objTxtbox01= objDlg.add("edittext", [20, 70, 315, 90], "入力してください。");
// チェックボックス
var objChkbox01= objDlg.add("checkbox", [30, 120, 140, 140], "チェック項目");
// ラジオボタン
var objBtn01= objDlg.add("radiobutton", [30, 150, 140, 170], "ボタン1");
var objBtn02= objDlg.add("radiobutton", [130, 150, 240, 170], "ボタン2");
// ボタン1をオンにする
objBtn01.value = true;

// ダイアログ表示
objDlg.center();
objDlg.show();

実行すると、こうなる。

解説

ウィンドウにラジオボタンを追加する


オブジェクト.add("radiobutton" [, 位置とサイズ, テキスト, { オプション } ]);

(引数1): ウィンドウオブジェクトに追加するコントロールのタイプ。
他に指定できるのは以下。

  • button
  • checkbox
  • dropdownlist
  • edittext
  • flashplayer
  • group
  • iconbutton
  • image
  • item
  • listbox
  • panel
  • progressbar
  • scrollbar
  • slider
  • tab
  • statictext
  • tabbedpanel
  • treeview

(引数2): 位置とサイズは、親になるオブジェクト(サンプルの場合は、ウィンドウ画面(タイトルバーは含まない))の左上を0としたとき、ボタンとその右側に表示するテキストを含めた領域の左上座標と右下座標を、配列 [left, top, right, bottom] で指定する。

引数2 以降は、省略可。

(引数3): ボタンの右側に表示するテキスト
(引数4): radiobuttonで指定できるオプションは以下。

  • name:

ラジオボタンの値[R/W]

(ラジオボタンオブジェクト).value = true;

valueプロパティで、値の読み/書きができる。

次回は…

次回は、このラジオボタンをグループ化していきます。

GUI/group: ラジオボタンのグループ化
GUI/radiobutton: ラジオボタンを表示するで作ったラジオボタンをグループ化して、複数のラジオボタングループを作ってみる。コードサンプル// ダイアログ作成var objDlg = new Window("dialo...