スポンサーリンク

edittextコントロール ~各種オブジェクト.add("edittext")

edittext(入力可能なテキストボックス)は、ウインドウまたはコンテナの各種オブジェクトに作成して使います。

種類

edittextコントロール
クラス名:EditText

機能

ユーザーが入力・変更できる編集可能なテキストフィールド

構文

■ウインドウwに、テキストボックスを追加する。

w.add ("edittext" [, bounds, text, {creation_properties}]);
bounds
オプション。 コントロールの位置とサイズ。
text
オプション。 コントロールに表示されるテキストの初期値。
creation_properties
オプション。 edittext作成時のプロパティ。

name
ユニークな名前
readonly
falseのとき、テキストの入力ができる。(デフォルト)
trueのとき、textプロパティの内容を表示するのみで、ユーザーからの入力はできない。
noecho
falseのとき、入力されたテキストを表示する。(デフォルト)
trueのとき、パスワードの入力フィールドとなりテキストは表示されない。
enterKeySignalsOnChange
falseのとき、テキストが変更されキーボードフォーカスを失った(ユーザーが別のコントロールに移動したり、コントロールの外側をクリックしたり、ENTERを入力)とき、onChangeイベントを通知する。(デフォルト)
trueのとき、テキストが変更されENTERキーが入力されたときにのみ、onChangeイベントを通知する。
borderless
falseのとき、テキストボックスの境界線を表示する。(デフォルト)
trueのとき、コントロールは境界線なしで描画される。
multiline
falseのとき、1行分のテキストを表示。(デフォルト)
trueのとき、複数の行を表示し、テキストはコントロール幅で折り返される。
scrollable
trueのとき、垂直スクロールバーを表示。(デフォルト)
falseの場合、垂直スクロールバーを表示しない。可視領域内よりも多くのテキストが含まれている場合は、矢印キーでスクロールする。

edittextのプロパティ

active
フォーカス
alignment
揃え方向
bounds
位置やサイズ

children
子要素
enabled
有効化・無効化
graphics
外観をカスタマイズするグラフィック
helpTip
マウスを重ねたときに表示する簡単なヘルプ
ツールチップ
justify
テキストの位置揃え
location
位置
maximumSize
最大の高さと幅
minimumSize
最小の高さと幅
parent
直接の親
preferredSize
最適サイズ
properties
edittextが作成されるときのプロパティ
shortcutKey
ショートカットキー(Windowsのみ)
size
サイズ
text
ボックス内のテキスト
textselection
ボックス内で選択されているテキスト。テキストが選択されていない場合は空の文字列。
type
作成時の型名(edittext)
visible
表示・非表示
window
edittextを含むWindowオブジェクト
windowBounds
ウインドウ座標内のBounds

edittextのメソッド

addEventListener
イベントリスナーを登録する
dispatchEvent
イベントの発生をシミュレートする
hide
非表示にする
notify
イベントをシミュレートする
removeEventListener
イベントリスナーの登録を解除する
show
表示する

edittextのイベント

onActivate
コントロールにフォーカスが与えられたときに呼び出される
onClick
コントロールをクリックしたときに呼び出される
onChange
コントロールの変更が完了したときに呼び出される
onChanging
コントロールが変更されているときに呼び出される
onDeactivate
コントロールからフォーカスが他へ移動したときに呼び出される
onDraw
コンテナまたはコントロールが描画されようとしているときに呼び出される
onShortcutKey
ショートカットキーシーケンスが入力されたときに呼び出される
Windowsのみ

サンプルコードと実行結果1

■テキストボックスの初期値を「入力してください。」として表示する。

var w = new Window("dialog", "edittextのサンプル", [0,0,200,100]);
var c= w.add("edittext", [30, 30, 150, 50], "入力してください。");

w.center();
w.show();

alert(c.text, "戻り値");

GUI テキストボックスの作成

■テキストボックス内を「入力完了」と入力して、ダイアログを閉じる。
GUI テキストボックスの作成 任意文字の入力

■alertで戻り値を表示。
GUI テキストボックスの作成 任意文字の入力 実行結果

サンプルコードと実行結果2

■テキストボックス内で文字を折り返し表示する。
ボックス境界線を表示しない。
マウスカーソルを重ねたとき、「お好みでどうぞ。」とツールチップを表示する。

var w = new Window("dialog", "edittextのサンプル", [0,0,350,150]);
var c= w.add("edittext", [30, 30, 300, 70], 
    "入力してください。\r\n文字数が多い場合は2行になります。右端まで行くと折り返します。", 
    {borderless:true, multiline:true});

c.helpTip="お好みでどうぞ。"

w.center();
w.show();

alert(c.text, "戻り値");

GUI 複数行のテキストボックスの作成 任意文字の入力 戻り値

■テキストボックス内に文字を入力して、ダイアログを閉じる。
GUI 複数行のテキストボックスの作成 任意文字の入力

■戻り値を表示。
GUI 複数行のテキストボックスの作成 実行結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
リプちんをフォローする
スクリプちん