JavaScriptで新規文書を作成する

JavaScriptでInDesignの新規文書を作成 InDesign
スポンサーリンク

JavaScriptでInDesignを動かす超入門です。

次の一文で、InDesignに新規ドキュメントが作成されます。

app.documents.add();

このプログラムの意味は、とりあえず次のように考えるとわかりやすいです。

  • app → アプリケーション(ここではInDesign)
  • documents → 文書
  • add → 追加する

これらを 「.(ドット)」でつないで書きます。
もし仮に日本語で読むなら「app の documents を、add(追加する)」という感じ。

これで新規ドキュメントは作られますが、新規作成したドキュメントにアクセスするには、コレだけではいけません。
このままでは、いわば「つくりっぱなし」の状態です。

なので、あとからこのドキュメントを参照できるように次のようにします。

myDoc = app.documents.add();

こんなふうに =(イコール)でつないで記述すると、=の右側のものを、=の左側へ入れておくことができます。

イメージとしては、「myDoc」という名前の箱の中に、作成するドキュメントが入っているような感じです。
(イコールでつないでいますが、「等しい」という意味ではありません)

これで、
「myDoc」という名前で、新規ドキュメントを参照することができるようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました