情報共有・タスク管理ツール – Stockの特徴・評判・使い方

stockはチームの情報を最も簡単に残せるツール 時間術/仕事術

Stock(ストック)は、情報共有ツールです。
情報管理しながら、その情報にタスクもチャットも紐付けて使うことができるようになっています。

チームでも個人でも使えます。

ここ数ヶ月間Stockを使ってみたのですが、「共同作業のベースとなる足場がしっかりしたな〜」と感じています。

しかもそれが、簡単な使い方で情報共有しながらコミュニケーションできるので、すごく気に入ってしまいました。

Stockを使ってみた感想
  • シンプルな情報管理によって共同作業が可視化され、作業の無駄が激減した。
  • メールを見るような手軽さで情報を表示できて軽快。
  • 機能がシンプルなので、画面もシンプルで見やすい。
  • 情報が入力しやすい。
  • 社外の人とも、安全にゲスト設定でやりとりできて便利。
  • 操作にすぐに慣れたので、導入から定着までが短時間で済んだ。
  • プリント機能もあるので、紙に書き込みながらじっくり考えることもできて便利。
  • すっきりした画面の雰囲気がいい。

私がStockを使い始めたときは、まだPC版のアプリもなかったのでブラウザ版を使っていましたが、その後PC版アプリにしたら、Stockをブラウザから切り離せたことで使い勝手も良くなりました。

そこでこの「Stock」という情報管理ツールを、実際に使ってみた感想を交えながら、その特徴や具体的な使い方について詳しく紹介したいと思います。

公式サイト Stock(ストック)

Stockの特徴5つ

機能がシンプル

Stockの機能は「情報をノートにストックする」「ノートにタスクを紐付ける」「ノートと紐づいたチャットで会話する」この3つです。

機能を絞っているので、必然的にメニュー項目が少なく、難しそうな雰囲気や威圧感もありません。

そのため、わざわざ「操作を覚えなきゃ!」という感覚が必要ないほど、すんなりと使い始めることができます。

Stockは「パソコン操作が苦手なITリテラシがそれほど高くない方たちでも、使い方の説明なしに利用できる」ことに主眼を置いて開発されたツールというのが、なるほど納得できます。

あえて機能を絞ることで運用のストレスが減って、その結果として管理ツールがすぐに定着することにもつながっているように思います。

情報へのアクセス性が良い

Stock情報を表示する3ステップ
画像の貼りこみもドラッグ&ドロップでOK

Stockでは、「ノート」と呼ばれる場所に情報をストックしていくのですが、この「ノート」は数回のクリックで表示することができます。

たとえば「前回の打ち合わせ内容を確認しよう」と思ったら、「1. Stockを開く」「2. フォルダをクリック」「3. ノートをクリック」と、3ステップで情報に到達します。

新たにノートを作成する場合でも、「1. Stockを開く」「2. フォルダをクリック」「3. 新規作成ボタンをクリック」これで書き始めることができます。

Wordなどでは、そうはいきません。
Wordの起動を待ったり、保存ファイルをフォルダ移動したりしなければいけませんから。

Stockでは「待つ」ということがありません。数回のクリックで、すぐに表示されるのです。
それは丁度、メールを見る際、タイトルをクリックしたらすぐに内容が表示される様子と似ています。

Stockの操作の流れ
  1. 案件などの分類ごとに「フォルダ」を作成し、その中に「ノート」を作って、書き込む。
  2. この「フォルダ」単位で、メンバーを追加する。
  3. ノートを見ながらメッセージ(チャット)でやりとりする。
  4. タスクをメンバーに割り当てる。

Stockの使い方の基本は、上記の4つです。

Stockでは、「ノート」を起点に「メンバー」間で「メッセージ」のやりとりをし、「タスク」を割当てていきます。

その結果、「ノート」「タスク」「メンバー」が結びつきながら情報の共有ができるのです。

タスクは「ノート」単位で見ることもできるし、「メンバー一覧」で、どんな納期のタスクを誰がどれくらい持っているのかを見ることもできます。

チャットがノートと紐づいている

Stockのチャットは、ノートに紐づけた状態で行うことができます。

ノートと紐づいたチャット画面なので話題の中心が明白で、複数の話が交錯することが起きにくいです。

また、詳細をノートにまとめたあとで「この件について確認してください」と簡潔に済ませることもできるので、とても便利です。

もし、Stockのチャット内でストックすべき新たな情報が出てきたなら、チャット内容を即座にノートへと書き換えることもできます。

Stockでは、あくまでも「ノート」が中心なので、一般的なチャットのように情報がどんどん過去に流れて、大切な情報がどこにあるのかわからなくなるということがありません。

公式サイト Stock(ストック)

PCブラウザとアプリ(スマホ・タブレット)で使える

Stockには、ブラウザ版、PCアプリ版、スマホ版(Android、iPhone)に加え、タブレット版(Android、iPad)にも対応していて、ラインナップも充実しています。

ブラウザならURLですぐにアクセスできますが、PCアプリをインストールすればブラウザから切り離して使うことができます。

「パソコンのモニタ上では他の作業の邪魔になってイヤだ」というのならタブレット版を使い、外出先ではスマホ版、というように状況に応じて媒体を変えて使うことができて便利です。

注意したいのは、同じ種類の端末からは、同時に1端末でのログインしかできない点です。
パソコンでの同時ログインはパソコン1台のみ、スマートフォンでの同時ログインもスマホ1台のみ、といった具合です。

料金設定が良心的

Stockの料金プラン(ビジネスプラン月額1,980円〜)

公式サイト Stock料金プラン

Stockは初めの30日間は無料です。
有料プランに移行するかどうかは、その後に決めることができます。

有料プランの分類は、「標準のセキュリティー機能版」と「セキュリティー強化版」の2系統あり、さらにそれぞれが「人数」と「ストレージの容量」によって分かれます。

Stockの料金設定は「チーム全員での合計金額」になっていて、SlackやChatworkなど一般的なチャットのような、1ユーザーあたりの金額ではありません。

公式サイト Slack 料金プラン
公式サイト Chatwork 料金プラン

以下にStockと、チャットツールのSlack・Chatworkとの料金比較をしてみます。
Stockの欄は、各プランを最大使用人数で使った場合の、1ユーザーあたり月額料金ストレージの容量です。

【標準機能版】Stock・Slack・Chatworkの料金比較
  Stock ビジネスプラン Slack
プロ
850円/人
Chatwork
ビジネス
500円/人
5人
1,980円/月
10人
3,480円/月
20人
6,480円/月
30人
11,480円/月
料金/人 396円 348円 324円 382.6円 850円 500円
容量/人 6GB 8GB 7.5GB 8.3GB 10GB 10GB
【機能強化版】Stock・Slack・Chatworkの料金比較
  Stock エンタープライズプラン Slack
ビジネスプラス
1,600円/人
Chatwork
エンタープライズ
800円/人
5人
4,800円/月
10人
9,800円/月
20人
19,800円/月
30人
29,800円/月
料金/人 960円 980円 990円 993.3円 1,600円 800円
容量/人 20GB 20GB 20GB 20GB 20GB 10GB

Stockの料金は、標準機能のビジネスプランも、機能強化されたエンタープライズプランも、SlackやChatworkよりも安い価格設定になっています。

容量については、Stockのビジネスプランでは、他の2社に比べて2〜4割ほど少ないですが、機能強化したエンタープライズプランでは、なんら遜色なく大容量で使えることがわかります。

Stockは「チャットもタスク管理もできる情報共有ツール」であるにもかかわらず、チャットのみのSlackやChatworkの料金よりも安く使えるんです。

Stockのエンタープライズプランは、普段の操作時におけるセキュリティ機能が強化されたプランです。

Stockのセキュリティー対策のベースは、国際セキュリティ資格ISO27001(ISMS)の取得、データセンターに世界最高レベルのセキュリティと信頼性を持つAmazon Web Services(AWS)の採用、通信はSSLを導入していて、これらについてはビジネスプランでもエンタープライズプランでも変わりありません。

Stockを検討するならやっておきたいこと

ツール導入の際には、そのツールを実際に使って試してみることと思いますが、それ以外にぜひ活用して欲しいものが2つあります。

まず1つ目は、Stock公式の説明資料(PDFドキュメント)の入手です。

「そんなの営業されるから面倒臭い」と思うかもしれませんが、そんなことを言っているのはもったいないです。

ツールを一通り触ってみて、他のメンバーにも意見を聞きたいと思ったら、Stockの説明資料をダウンロードしてみてください。

もちろん、Stockを使ってみる前にダウンロードすることもできます。

StockのWebサイトをあちこちクリックして調べるよりも、ずっと手っ取り早く概要を把握できますよ。

説明資料では、Stockの基本機能や実際の利用画面の説明以外にも、他のチャットツールやタスク管理ツールとの機能比較一覧や活用事例、料金ごとの機能などが、パワーポイントで作ったA4横置きのPDFファイル30ページ分に見やすく簡潔にまとまっています。

有益な説明資料として使えます。

公式サイト Stockの資料請求(無料)

そして2つ目が個別相談会
Stockを熟知した担当者が、個別の状況ごとに活用法を紹介してくれます。

相談会では「そういうケースなら、Stockのこの機能をこう使うといいですよ」という、自分たちの状況に即した視点で話を聞けるので、「Stockの使い方はわかってるよ」と思っていたのはごく表面的だったことに気付かされます。

「Stockはシンプルで簡単に使える」という評判を聞くと、「そんなツールが本当に役に立つのか??」という気持ちにもなるかもしれませんが、自分たちの状況にマッチするのかどうか、一度ちゃんと聞いてみると「なるほど〜〜!」という発見ができます。

公式サイト Stock個別相談会

Stockの評判

Stockはすでに、色々な業界・業種、規模のチームで導入されています。その中から、良い評判・悪い評判をまとめてみました。

  • 操作が簡単なので、すぐに使いこなせる。
  • グループウェアに入れない社外スタッフも招待できる。
  • スマホ・タブレットで外出先からも見れて便利。
  • 過去の情報が埋もれなくなった。
  • SlackやEvernoteとの連携が便利。
  • CSVファイルからまとめて入力ができて効率が上がった。
  • 無料版では削除・更新が簡単にできすぎる。
  • 無料版では使えるノート数が少ない。
  • Markdown記法に対応していない。

Stockのアプリは「パソコン版」「スマホ版」「タブレット版」と出揃ったので、以前の「タブレットではイマイチ」という意見は払拭されているようです。

悪い評判というよりも、ちょっと残念な点としては「無料版はちょっと機能不足」というのは否めません。

無料版は、お試し版としての利用や小さなプロジェクト、あるいは家族の家事分担などで使ったりするのがちょうど良いのだと思います。

Stockを利用しているチーム数は、2020年7月時点では50,000社と発表されていましたが、その後2021年10月には80,000社を超えて増加しているとのことで、その人気度の高さが伺えます。

Stockの機能と使い方(実践)

Stockはシンプルなツールなので、面倒な初期設定なしで使い始めることができます。

ここではブラウザ版を例に、Stockの始め方や使い方を紹介します。

アカウント作成

Stockを使ってみるには、まず、Stock公式サイトの「Stockを始める(無料)」ボタンでアカウント作成から始めます。

ログイン

すでに登録済みのチームにログインするときは、メールアドレスとパスワードでログインします。

Stockは、ブラウザ版でもアプリ版でも作業後にログアウトせずに画面を閉じれば、ログイン状態が保たれるので、次回のStock開始時はログイン画面は表示されず、すぐに使い始めることができます。

メンバー

チームにメンバーを追加するには、その相手にメールなどで通知を出して招待します。

先に紹介したように、一番最初のアカウント作成のときにメンバー招待をすることもできますが、チーム作成後のメンバー追加は、Stock画面右上の「メンバー管理」から操作します。

招待メールを受け取ったら、メール内のリンクからStockにログインします。

チームに入っているメンバーは、4種類の「権限」のうちのどれかに属することになります。

Stockの「4つの権限」は、「管理者」「メンバー」「複数フォルダゲスト」「1フォルダゲスト」に分かれます。

そのうち「管理者」が最大の権限を持ち、Stockの利用プランの変更やメンバーの削除、設定したタスクの完了処理など、チーム全体の管理をすることができます。

「メンバー」は、もっとも一般的な権限です。チームを管理する権限は持ちません。

「複数フォルダゲスト」と「1フォルダゲスト」は、ビジネスプラン以上で利用できる機能です。フリープランでは使えません。

「複数フォルダゲスト」は業務委託やアルバイトの人、「1フォルダゲスト」は社外のクライアントや取引先の人などの用途での使用が想定されています。

フォルダ作成/フォルダ操作

Stockのフォルダは、画面左側に表示されます。

この例では、アカウント作成のときに作成した「Flutter勉強会」というフォルダが既に作成されています。

新しくフォルダを作成するには、「+」マークをクリックします。

フォルダの中を表示するには、まず一覧からフォルダ名をクリックします。

「マイフォルダ」を選択すると、画面中央のトップに「マイフォルダ」と表示され、その下にフォルダ内の「ノート」の一覧が並びます。

ここでは、サンプルとして作成されている「【記載例】田中部長との打ち合わせ」というノートがあることがわかります。

いずれも、クリック1回だけで表示できます。

さらにこの「フォルダ」は、「グループ」にまとめることができるので、階層的にグループ化することができます。

ノートの表示/作成/編集

「ノート」画面の下側には、編集メニューが並んでいます。

テキスト装飾

フォントサイズ、文字色、太字、イタリック、下線、取り消し線

ハイパーリンクの挿入

選択した文字列にハイパーリンクをつけます。

ノートからWebサイトなどへジャンプしたいときに使います。

リスト

箇条書きリスト、番号つきリスト、チェックリストの3種類があります。

水平線

ノートの横幅いっぱいの横線をひきます。

書式クリア

フォントサイズやカラーなどのテキスト装飾を、一度にすべて解除します。

書式をクリアしたい文字を選んで、書式クリアボタンをクリックします。

ファイル添付

Stockのファイル添付では、簡単に画像を貼り付けることができます。

jpgなど画像ファイルは画像そのものが表示されますが、エクセルなどファイル形式によって表示されない種類もあります。

内容表示がされないファイルは、ファイル名などの情報が表示されます。

テンプレート

テンプレート機能を使うと、定例ミーティングのヘッダーなど、形式の雛形を保存しておくことができます。

作成したテンプレートは、新規のノート作成直後に呼び出すことはもちろん、作成済みのノートに追加するかたちで呼び出すこともできます。

テンプレートを既存のノートに追加で読み込む場合は、タイトル部分にもテンプレートのタイトルが追加されて読み込まれます。

ノートにタグをつける

Stockのノートには、タグをつけておくことができます。

タグの追加は、ノートの上部のタグエリアでタグ文字を入力するだけです。

作成したタグはフォルダ内のノートタイトルの上に表示され、そのタグをクリックすると、そのタグのついたノートが一覧表示されます。

フォルダをまたいでノートを検索できるので便利です。

全画面表示

全画面表示ボタンでは、フォルダ表示とフォルダ内表示がなくなり、Stockの画面全体がノート表示になります。

印刷

Stockのノートは印刷することもできます。

詳細設定で余白や倍率指定ができますが、システムダイアログでもう少し詳細に設定することもできます。

編集履歴の表示

編集履歴機能は、ビジネス20プラン以上でサポートされている機能です。

ノートの過去の編集履歴を、「いつ」「誰が」「どう編集したのか」が一覧表示され、特定の時点の編集内容まで遡って戻すことができます。

ノートのURLをコピー

「URLをコピー」ボタンでは、編集中のノートのURLをキャッシュにコピーします。

ノートのフォルダ間の移動

ノートは、作成したあとでフォルダを移動することができます。

タスク管理

Stockのタスクは、ノート上部の「タスク設定」ボタンから追加すると、自動的にそのノートに紐づいたタスクになります。

全てのタスクを一覧表示するには、Stock画面の上部「タスク一覧」ボタンをクリックします。

タスク一覧の画面から「タスクを追加」でタスク追加をすると、初期設定ではノートとの紐付けはされません。

メッセージ

Stockではチャットをメッセージと呼びます。
メッセージは、ノートの下部にある「メッセージ」から送信します。

Stock画面上部の「メッセージ」では、全てのメッセージが「ノートごと」「メンバーごと」などの分類ごとに表示されます。

Stockと連携できるチャットツール

Stockのフォルダへメールする

Stockの各フォルダには、任意のメールアドレスを設定することができます。

そのメールアドレス宛にメールを送信すると、メール内容がStockのノートしてストックされます。

この機能を利用して、例えば既存のメールアドレス宛のメールを、このStockのフォルダへと転送設定しておけば、逐一メールを確認する必要がなくなります。

具体的な利用シーンとしては、チームで対応する info@xxxxx.co.jp などのお問い合わせメールを、Stockのフォルダのメールアドレスへと転送するように設定しておくと便利です。

「転送されてきたノートにタスクを設定する」という工程で活用すれば、対応漏れをなくすことに役立てることができます。

Slackとの連携

Stockは、チャットツールのSlackと連携させることができます。

Stock公式サイトの説明はこちら
https://www.stock-app.info/slacktostock.html

Stock公式サイトのSlackに関するFAQはこちら
https://www.stock-app.info/faq/150.html

Slackからノートへ

連携してできることの1つ目は、「SlackからStockへストックする」です。

SlackからStockへストックする」には、Slackのメッセージから「この発言をストックする」というメニュー項目を選択し、ストック先のStockフォルダを指定し、タイトル名を入力後「ストックする」ボタンをクリックすると、Stockのノートとして保存されます。

Slackの画面には、「ノート『〜〜〜〜』を作成しました」というメッセージが表示されます。

Stockからチャットへ

これとは逆の「StockからSlackへ通知を送信する」には、特別な操作は必要ありません。

Slackとの連携設定がされていれば、StockのメッセージがリアルタイムでSlackにも通知されます。

アカウントに関する設定

Stockに登録したユーザー名やパスワードなどアカウントに関する内容は、後から変更することができます。

メールへの通知設定や、画面表示に関することも設定できます。

Stockの画面右上「設定」のハンバーガーメニューから、ユーザー名をクリックします。

チームに関する設定

Stockの画面右上「設定」のハンバーガーメニューの「各種設定の変更」では、チーム全体に関する設定ができます。

管理者権限では、全ての設定項目の変更ができます。

フォルダの削除や、使っているタグの整理をすることもできます。

CSV形式(Excelなど)でデータを入力し、一括してStockへインポートすることもできます。

上位プランでは、StockからCSV形式にエクスポートすることもできますが、

フォルダにメールアドレスを設定すると、受信メールを直接ノートにストックすることができます。

「所属部署管理」と「シングルサインオン」も、このメニュー内から操作できますが、どちらも上位プランのみで利用できる機能です。

Stockの「よくある質問」

Stockは、マニュアルで調べなくても簡単に操作することができますが、「こんなときはどうするの?」という疑問が湧いたときには、「よくある質問」のWebページが便利です。

よくある質問」では、

  1. Stockの概要
  2. 申込・契約・解約
  3. 利用開始にあたって
  4. 使い方
  5. 利用環境
  6. その他
    という項目で、説明がされています。

この解説ページは、Stcokの画面右上の「設定」メニューの「よくある質問」からもリンクされているので、Stockの使用中でも簡単に見ることができます。

株式会社Stockって?

Stockは、株式会社Stockという日本の会社が開発しているツールです。

代表取締役社長は、澤村大輔さん。設立は2014年4月1日。
事業内容はズバリ「情報共有ツール『Stock』の運営」。

そして、Stockは今年2021年、週刊東洋経済 2021/9/4号すごいベンチャー100にも選ばれた企業なんだそうです。

また、以前の会社の動向として目を引くのは、なんといっても2020年9月に実施した1億円の資金調達でしょうか。

株式会社Stockは設立当初、社名を「株式会社リンクライブ」としていましたが、この資金調達に合わせて、現在の「株式会社Stock」に社名変更がされています。

この資金調達の時点で、Stockはローンチから2年3ヶ月ほど経っていたということですが、それまでのあいだ広告費はゼロで積極的なマーケティングはしていないにもかかわらず、ユーザーがユーザーを呼び込む口コミによって、Stockを導入した企業は50,000社を突破(2021年3月末には60,000社超)するまでに、成長しています。

しかも、正式版より以前のβ運用中のStockは完全無料。

では、その無料の期間の運用資金はというと、当時のリンクライブ(現在の株式会社Stock)が初めて開発した「鬼ツッコミ」(ECサイトを利用するユーザーの不満を一覧化するアプリ)が黒字化していた、ということが背景にあるとのこと。

このあたりの事情は、BRIDGE(「起業家と投資家を繋ぐ」をコンセプトとしたテクノロジー系ニュース配信サイト)Tech Crunch(スタートアップ企業の紹介や業界ニュースを扱うテクノロジーメディア)で、澤村社長への取材記事が残っています。

公式サイト https://www.stock-app.info/

またnoteでは、「Stock創業ストーリー」と題して、澤村社長による会社設立当初のエピソードも公開されいて、興味深く読めます。

note:澤村 大輔 @情報共有ツール「Stock」代表
https://note.com/stock_sawa/magazines

会社情報 http://www.stock-inc.co.jp/
Stock公式ブログ https://www.stock-app.info/blog

最後に

私がStockを使ってみて、「Stockみたいなアプリって今までになかった気がするけど、なんかいいな」と思えたのは、私の状況から改めて考えると、次のようなことが思い浮かびます。

  • ノートに紐づけてタスク管理ができるので、タスク全体がわかりやすくなった。
  • 情報が埋もれてしまったり、見逃したりすることがほぼないので、メンバーといつも「ツーカー」でハナシが早い。
  • 新メンバーが途中参加したとき、それまでのプロジェクト情報の伝達や現状説明がラクになった。
  • 各個人が収集した小さな情報や、気づき、疑問などをストックしていたら、チーム全体での大きな気づきに結びつきやすくなった。

これらはどれも「当たり前」のことのようだけど、これらがたった1つのシンプルなアプリでできて、しかも、情報が管理されて綺麗に記録されていくんです。

Stockを使うことで、今まであやふやで見えなかったことが見えてくるような気がしています。
なんていうか、「知識・情報をチーム全体で積み重ねて、確かな足場の上で進んでいける」という感じなのです。

それと、もうひとつ。
Stockという会社の「Stockへの意気込み」がなんか気に入りまして。

ハングリー精神なんていう言葉は、今は流行らないかもしれないけど、そういう情熱の感じられるシステムって、なんだか刺さってくるものなのかな、と思うんです。

公式サイト Stock

コメント

タイトルとURLをコピーしました