情報共有・タスク管理ツールStockの感想・評判・使い方

stockはチームの情報を最も簡単に残せるツール 管理ツール/時間術・仕事術

Stock(ストック)は、情報共有ツールです。
情報を入力したノートに、タスクもチャットも紐付けて使うことができるようになっています。

Stockを使うようになってから、「共同作業のベースとなる足場がしっかりしたな〜」と感じています。

しかもそれが、簡単な使い方で情報共有しながらコミュニケーションできるので、すごく気に入ってしまいました。

この記事では、Stockを実際に使ってみた感想や巷の評判を、Stockの優れた特徴紹介と交えながら書いています。

Stockを使ってみた感想
  • シンプルな情報管理によって共同作業が可視化され、作業の無駄が激減した。
  • メールを見るような手軽さで情報を表示できて軽快。
  • 機能がシンプルなので、画面もシンプルで見やすい。
  • 情報が入力しやすい。
  • 社外の人とも、ゲスト設定でやりとりできて安全。
  • 操作にすぐに慣れたので、導入から定着までが短時間で済んだ。
  • プリント機能もあるので、紙に書き込みながらじっくり考えることもできて便利。
  • すっきりした画面の雰囲気がいい。
  • 料金設定が良心的。

公式サイト Stock(ストック)

Stockの特徴

機能がシンプル

Stockの機能は、とにかくシンプルです。

Stockでできることは「情報のストック」「タスク管理」「チャット」の3つ。

以下に、Stockの画面を表示しながら概要を説明します。

Stockのメイン画面
Stockのメイン画面
左から「フォルダ」「フォルダの中」「ノート」が表示されます

上の画像は、Stockにアクセスした時に最初に表示されるメイン画面です。
画面左側にあるフォルダをクリックすると、中央にフォルダの中身(ノート)が一覧表示され、さらにその中のノートをクリックすると画面右側に「ノート」が表示されます。

この「フォルダ」ごとに分類された「ノート」に入力していくことで、情報がストックされていきます。

2つ目は、タスク管理です。

情報を入力した「ノート」との関連を持たせて、メンバーにタスクを割り当てることができます。

割り当てたタスクを管理画面で見ると、誰がどんなタスクをどれくらい抱えているか、など色々な条件で絞り込んで表示することができます。

Stockのタスク管理画面
Stockのタスク管理画面

3つ目のチャットは、Stockでは「メッセージ」と呼びますが、このメッセージ機能はとてもよく考えられていて秀逸です。

その理由は、「ノートに紐づけた状態でメッセージを送信・管理できる」という点です。
この「ノートと紐づいたメッセージ」という機能が、Stock最大の特徴と思います。

ノートと紐づいたチャット画面では話題の中心が明白で、複数の話が交錯することが起きにくいのです。

また、詳細をノートにまとめたあとで「この件について確認してください」と簡潔なメッセージで念押しすることもできるので、とても便利です。

もし、Stockのチャット内でストックすべき新たな情報が出てきたなら、すぐ横に表示されているノートに即座に移動できる、というのも大きな利点です。

Stockでは、あくまでも「ノート」が中心なので、一般的なチャットのように情報がどんどん過去に流れて、大切な情報がどこにあるのかわからなくなるということがありません。

Stockのメッセージ画面
Stockではノートに紐づけてメッセージをやり取りできます。
上の画像は、Photoshopフォルダの「よく使う機能」というノート上でメッセージをやりとりしています。

Stockの機能はシンプルですが、そのシンプルな各機能は、必要な要素がとことん考え抜かれて実現されているという印象を受けます。

そのせいもあって、機能を使う際の画面遷移もわかりやすく、「あの画面はどこから開くんだっけ?」などと迷うことは、まずありません。

アクセス性が良い

Stockのメイン画面
Stockのメイン画面

Stockは、見たい情報までのアクセス性がすごく良いです。

メイン画面を開いたら、フォルダ・ノートの2回のクリックで、見たい情報が開くので、本当に早いんです。

それはまるで、メーラーを開いてメールを見るときのような手軽さです。

公式サイト Stock(ストック)

PCブラウザとアプリ(PC・スマホ・タブレット)で使える

Stockには、ブラウザ版、PCアプリ版、スマホ版(Android、iPhone)に加え、タブレット版(Android、iPad)にも対応していて、ラインナップも充実しています。

ブラウザならURLですぐにアクセスできますが、PCアプリをインストールすればブラウザから切り離して使うことができます。

もし「パソコンのモニタ上では他の作業の邪魔になってイヤだ」というのならタブレット版を使い、外出先ではスマホ版、というように状況に応じて媒体を変えて使うことができるのです。

注意したいのは、同じ種類の端末からは、同時に1端末でのログインしかできない点です。
一つのIDで複数台のパソコンから同時にStockを使うことはできませんし、同様に、複数のスマートフォンから同時に同じIDでログインすることもできません。

料金設定が良心的

Stockの料金プラン(ビジネスプラン年間契約月額)
300人を超えるチームでも使えます

Stockは、初めの30日間は無料で試してみることができます。その間は機能制限なしで、エンタープライズプランと同様の全ての機能が使えます。

有料プランには、「ビジネスプラン(標準機能版)」と「エンタープライズプラン(機能強化版)」の2系統あり、さらに「人数」と「ストレージの容量」によって細かな料金プランに分かれます。

Stockの料金は「チームに対する課金」ですから、SlackやChatworkのようにユーザーが増えるたびに料金が上がることはありません。

公式サイト Stock料金プラン
公式サイト Slack 料金プラン
公式サイト Chatwork 料金プラン

以下の記事で、Stockと、チャットツールのSlack・Chatworkとの料金比較をしています。

印刷機能が地味に便利

Stockでは、入力した内容をプリントすることができます。

Stockのノートから直接印刷する

私は個人的に、何かをじっくりと考えたいときは、画面表示よりも、プリントしてペンで書き込みながら考えをまとめたいことが多いので、このアナログ感のあるStockもとても気に入っています。

Stockでは、印刷ボタンを押すだけですぐにプリントできます。「PDFに書き出してAcrobatで印刷」などという面倒な手間はいりません。

PDFが必要なら、専用のPDF書き出しボタンが用意されています。

チームメンバーの権限設定が安心

Stockには、チームメンバーに4段階の権限を割り当てることができます。

Stockのメンバー権限設定

Stockのメンバーは、全ての操作ができる「管理者」を筆頭に、「一般メンバー」「制限メンバー」「1フォルダゲスト」に分かれます。

この権限を割り当てることで、「アルバイトさんは閲覧のみ」とか「社外クライアントは、特定のミーティングフォルダの閲覧と編集のみ」といった利用制限ができます。

Stock内で権限を設定するだけで、みなStockのチームに入れるので便利ですし、隠すところはちゃんと隠すこともできて安心です。

公式サイト よくある質問:Stock(ストック)にはどのような権限がありますか?

Stockの検討に役立つツール

Stockの導入検討に役立つオススメのツール
  1. Stockの30日間試用期間
  2. Stock公式資料(PDF)の入手
  3. 個別相談会

もしこれからStockを使うかどうか迷っているなら、ぜひやって欲しいことがあります。
どれも無料でできますからとことん活用して、Stockは役立ちそうか、ダメっぽいのかの検討材料にしてください。

まず1つ目は、Stockの無料登録です。
はじめの30日間は試用期間で無料で使えますから、この間にどんどん使ってみてください。その間の機能制限はありません。

2つ目は、Stock公式の説明資料(PDFドキュメント)です。
「そんなの営業されるから面倒くさい」と思うかもしれませんが、そんなことを言っているのはとてももったいないです。

StockのWebサイトをあちこちクリックして調べるよりも、ずっと手っ取り早く概要を把握できます。

Stockを使い始める前でも、使ってみた後でもダウンロードOKです。

説明資料では、Stockの基本機能や実際の利用画面の説明以外にも、他のチャットツールやタスク管理ツールとの機能比較一覧や活用事例、料金ごとの機能などが、パワーポイントで作ったA4横置きのPDFファイル30ページ分に見やすく簡潔にまとまっています。

有益な説明資料として使えます。

公式サイト Stockの資料請求(無料)

そして最後は、個別相談です。
Stockを熟知した担当者が、個別の状況ごとに活用法を紹介してくれます。

相談会では「そういうケースなら、Stockのこの機能をこう使うといいですよ」という、自分たちの状況に即した視点で話を聞けるので、「Stockの使い方はわかってるよ」と思っていたのはごく表面的だったことに気付かされます。

「Stockはシンプルで簡単に使える」という評判を聞くと、「そんなツールが本当に役に立つのか??」という気持ちにもなるかもしれませんが、自分たちの状況にマッチするのかどうか、一度ちゃんと聞いてみると「なるほど〜」という発見ができます。

もちろん逆に、「なんだ…。Stockは、今ウチが求めてるものと違うな」ということもすぐにわかりますしね。

公式サイト Stockを無料で試してみる
公式サイト Stockの資料請求(無料)
公式サイト Stock個別相談会のスケジュールを見てみる

Stockにはできないこと

Stockでは、ガントチャートや、バーンダウンチャートといった、細かなスケジュール管理機能はありません。
下に例として、Backlogというプロジェクト管理ツールの「ガントチャート」と「バーンダウンチャート」を示しました。こうしたグラフは、Stockにはない機能です。

Backlogのヘルプセンター ガントチャートの概要バーンダウンチャートの概要

Backlogのガントチャート画面
(ガントチャートの例)
タスクをカレンダー上に示した横軸の棒グラフ
Backlogのバーンダウンチャート
(バーンダウンチャートの例)
スケジュール完了予定までのタスクの遂行状況を示した折れ線グラフ

また、情報を入力する際、Markdown記法にも対応していないので、文章の構造を意識しながら入力するということはできません。(Markdown記法については、Backlogのブログでわかりやすい解説があります)

Backlogのブログ 【マークダウン記法とは?】マークダウンの書き方を網羅的に解説

でもこれらは、「Stockにはできないこと」というよりも「Stockでは目指していないこと」という方が正しい表現と思います。

Stockはあくまでも、「課題を整理し解決するためのシンプルでわかりやすい環境を提供すること」が第一理念なのです。
なので今後も、これらの機能が追加されることはない、と私は思います。

公式サイト Stock(ストック)

Stockの評判

Stockはすでに、色々な業界・業種、規模のチームで導入されています。その中から、良い評判・悪い評判をまとめてみました。

  • 操作が簡単なので、すぐに使いこなせる。
  • グループウェアに入れない社外スタッフも招待できる。
  • スマホ・タブレットで外出先からも見れて便利。
  • 過去の情報が埋もれなくなった。
  • SlackやEvernoteとの連携が便利。
  • CSVファイルからまとめて入力ができて効率が上がった。
  • フリープランでは削除・更新が簡単にできすぎる。
  • フリープランでは使えるノート数が少ない。
  • Markdown記法に対応していない。

Stockのアプリは「パソコン版」「スマホ版」「タブレット版」と出揃ったので、以前スマホ版をタブレットで無理やり使っていたときの「タブレットではイマイチ」という意見は払拭されているようです。

悪い評判というよりも、ちょっと残念な点としては「フリープランはちょっと機能不足」というのは否めません。

フリープランは、ごく小さなプロジェクトや家族の家事分担などで使ったりするのがちょうど良いのだと思います。

Stockの利用数は、2020年7月時点では50,000社と発表されていましたが、その後2021年10月には80,000社、2022年7月には10万社以上が導入しているとのことで、その人気度の高さが伺えます。

株式会社Stockって?

Stockは、株式会社Stockという日本の会社が開発しているツールです。

代表取締役社長は、澤村大輔さん。設立は2014年4月1日。
事業内容はズバリ「情報共有ツール『Stock』の運営」。

そして、Stockは2021年、週刊東洋経済 2021/9/4号すごいベンチャー100にも選ばれた企業なんだそうです。

また、Stock開発関連の動向として目を引くのは、なんといっても2020年9月に実施した1億円の資金調達でしょうか。

株式会社Stockは設立当初、社名を「株式会社リンクライブ」としていましたが、この資金調達に合わせて、現在の「株式会社Stock」に社名変更しています。

この資金調達の時点で、Stockはローンチから2年3ヶ月ほど経っていたということですが、それまでのあいだ広告費はゼロで積極的なマーケティングはしていないにもかかわらず、ユーザーがユーザーを呼び込む口コミによって、Stockを導入した企業は50,000社を突破(2022年7月には10万社超)するまでに、成長しています。

しかも、正式版より前のβ運用中のStockは完全無料。

では、その無料期間の運用資金はというと、当時のリンクライブ(現在の株式会社Stock)が初めて開発した「鬼ツッコミ」(ECサイトを利用するユーザーの不満を一覧化するアプリ)が黒字化していた、ということが背景にあるとのこと。

このあたりの事情は、BRIDGE(「起業家と投資家を繋ぐ」をコンセプトとしたテクノロジー系ニュース配信サイト)Tech Crunch(スタートアップ企業の紹介や業界ニュースを扱うテクノロジーメディア)で、澤村社長への取材記事が残っています。

公式サイト https://www.stock-app.info/

またnoteでは、「Stock創業ストーリー」と題して、澤村社長による会社設立当初のエピソードも公開されいて、興味深く読めます。これ、すごく面白いです。

note:澤村 大輔 @情報共有ツール「Stock」代表
https://note.com/stock_sawa/magazines

会社情報 http://www.stock-inc.co.jp/
Stock公式ブログ https://www.stock-app.info/blog

最後に

実は私は、Stockを使い始める前は「個人の持つ情報を、ツールで管理するイメージがわかない」「状況があまりに煩雑で、整理できそうもない」と懐疑的に思っていました。

それがStockを使ってみたら、「Stockみたいなアプリって今までになかった気がするけど、なんかいいな」と思えるように変わりました。
その理由は、私の状況から改めて考えると、次のようなことが思い浮かびます。

  1. ノートに紐づけてタスク管理ができるので、タスク全体がわかりやすくなった。
  2. 情報が埋もれてしまったり、見逃したりすることがほぼないので、メンバーといつも「ツーカー」でハナシが早い。
  3. 新メンバーが途中参加したとき、それまでのプロジェクト情報の伝達や現状説明がラクになった。
  4. 各個人が収集した小さな情報や、気づき、疑問などをストックしていたら、チーム全体での大きな気づきに結びつきやすくなった。

これらはどれも「当たり前」のことのようだけど、これらがたった1つのシンプルなアプリでできて、しかも、情報が管理されて綺麗に記録されていくんです。

特に4つ目の「小さなストックから、大きな気づきが生まれた」というのには、感動さえ覚えました。
Stockを使っていなかった頃は、「そういうこと知ってるなら、早く言ってよぉ!」と、よくイラついていたものです。

Stockを使うことで、今まであやふやで見えなかったことが見えてくるような気がしています。
なんていうか、「知識・情報をチーム全体で積み重ねて、確かな足場の上で進んでいける」という感じなのです。

それと、もうひとつ。
Stockという会社の「Stockへの意気込み」がすごく気に入りまして。

ハングリー精神なんていう言葉は、今は流行らないかもしれないけど、そういう情熱の感じられるシステムって、なんだか刺さってくるものなのかな、と思うんです。

あ、言っときますが、私はStockの「回し者」ではありません。
自分が気に入ったStockなので、とことん調べたら面白くなって、面白くなったら紹介したいなと思っただけですので、念のため。

そして願わくば、Stockがビジネスツールのデファクトスタンダードになって、どこに行っても「Stockに招待するから、よろしく。」「あ、わかりました。」って感じで、どの仕事にもすんなり入っていけるようになったらいいな〜、と思うのであります。

公式サイト Stock

コメント

タイトルとURLをコピーしました