スポンサーリンク

[次のスタイル]で各段落スタイルを一発で適用する方法

次の行の段落スタイルを1クリックで適用する

段落スタイルに[次のスタイル]を設定しておくと、段落スタイルを自動で適用しながら文字を入力していくことができます。

この[次のスタイル]は入力中のみならず、入力が終わったテキストでもその威力を発揮します。

今回は下図のような例を使って、入力済みの各段落に、一発で各々の段落スタイルを適用する方法を2つ紹介します。

段落スタイルに次のスタイルを設定して、自動でスタイルを当てる

前準備:次の行の段落スタイルを設定しておく

郵便番号、住所、電話番号の各段落スタイルに、[次のスタイル]を設定しておきます。

郵便番号の次は住所、住所の次は電話番号、電話番号の次は郵便番号です。

郵便番号の段落の次は住所の段落スタイル

住所の段落の次は電話番号の段落スタイル

電話番号の段落の次は郵便番号の段落スタイル

段落スタイルパネルから適用する

下の図のテキストフレーム内の各段落は、まだスタイルが適用されていない状態です。

スタイルが適用されていない段落

このテキストフレーム内で、[次のスタイル]を適用したい段落を選択し、
段落スタイルパネルから、選択した先頭段落に適用したいスタイル名を右クリックして、
[”郵便番号”を適用して次のスタイルへ]をクリックして実行します。

[スタイルを適用して次のスタイルへ]を実行

すると下のように、選択した段落に郵便番号、住所、電話番号の各段落スタイルが適用されます。

スタイルが適用された段落

オブジェクトスタイルを利用して適用する

オブジェクトスタイルを使うと、テキストフレームにオブジェクトスタイルを適用するだけで、テキストフレーム内の全ての段落に段落スタイルを適用できます。

下図のように、オブジェクトスタイルの段落スタイルで適用する段落スタイルを設定し、[次のスタイルを適用(A)]にチェックを入れます。

オブジェクトスタイルの設定

テキストフレームを選択してオブジェクトスタイルを適用すれば、各段落にスタイルが適用されます。

オブジェクトスタイルが適用されると段落スタイルも適用される

郵便マークとTEL記号は、段落スタイル内の箇条書きで発生させています。