InDesignのスタイル

InDesignのスタイルについての紹介です。

InDesignの使い方

正規表現スタイルの作り方〜どこよりもわかりやすい正規表現の基礎

Adobe InDesignの正規表現スタイルは、段落内に文字スタイルを埋め込むことのできる便利なスタイルです。難しそうな印象がありますが、正規表現の基礎から少しずつ慣れていけば大丈夫。簡単な正規表現スタイルの作成方法や注意点を解説します。
InDesignの使い方

InDesignを楽ちんに使うTips一覧

「InDesignの使い方」「InDesignスクリプト」「ExtendScript GUI」「ESTKの使い方」の記事を箇条書き形式にまとめました。
InDesignの使い方

正規表現スタイルで同一文字に複数の文字スタイルを適用する

InDesignの正規表現スタイルは、同一文字に複数の文字スタイルを適用できます。スタイルを重ねる際は順番にも注意が必要です。単独に文字スタイルを適用したときは、後から適用した文字スタイルが有効になるので、複数文字スタイルの適用はできません。
InDesignの使い方

正規表現スタイルにマッチする文字は条件テキストで非表示にしてはダメ

正規表現スタイルはとても便利な機能です。でも、この正規表現スタイルにマッチングする文字が、条件テキストがに関わると、条件テキストを非表示にしたときに正規表現スタイルが適用されなくなるので注意が必要です。
InDesignの使い方

文字入力後のテキスト全てに1Clickで段落スタイルを適用する

段落スタイルに[次のスタイル]を設定しておくと、文字入力をしながら段落スタイルを自動で適用していくことができます。また、入力中のみならず、入力が終わったテキストでも効率よく段落スタイルを適用することができます。
InDesignの使い方

文字入力していくだけで段落スタイルが適用できる

段落スタイルに[次のスタイル]を設定すると、自動的に段落スタイルを適用できます。文字入力と同時に、段落スタイルが自動で当てられるので、わざわざスタイルをあてる必要がありません。[次のスタイル]を利用するときに勘違いしやすい点も紹介します。